むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

【48】中秋の名月

今日は中秋の名月です。
雲に隠れて見えません。

兼好法師

「花はさかりに、月はくまなきをのみ、みるものかは、雨に対ひて月を恋ひ、たれこめて春の行方をしらぬも、なほあはれに情深し」

といいました。

花は盛りに、月は澄み渡ったものをばかり見るものではなく、雨に対して月を思うのも趣がある

と。

いいですね。

名月が見えないことを、無月とか雨月とか呼ぶそうです。

 

林先生の番組で、秋の話をやっていました。

十五夜は、収穫を感謝する儀式だそうです。
月神である月読命(つくよみのみこと)が農耕の神様なんですね。
月見だんごと、すすきをお供えします。
お米の収穫を感謝するために、米粉で月に見立てて作ったお団子と、稲穂に見立てたすすき、なんだそうです。
なるほど。

ちなみに、「中秋の名月」の「中秋」とは、秋の真ん中のことで、旧暦では、

1.2.3月、春
4.5.6月、夏
7.8.9月、秋
10.11.12月、冬

旧暦8月15日、秋の真ん中の、満月

で、中秋の名月、というそうです。

では、なぜ秋なのかというと、
秋の月が一番綺麗だから、だそうです。

夏は低く、冬は高く、
春と秋は同じくらいですが、春は朧月という季語があるように、霞む日が多く、秋が月が一番きれいに見えやすい季節ということで、秋なのだそうです。
(朧月とは、次の日が雨になる日の前の霞みがかった月のこと)

ちなみに、お団子のつまみ食いは、神様が食べたとされるから良いことなのだそう。

縁側で、月を眺めながら、お団子を食べたいですね。

【47】「万引き家族」の話

柏にある、キネマ旬報
にて、観てきました。

エンドロールが終わった後に、なんか滑稽だな、と思ってしまいました。
滑稽というか、なんというか。

日曜日、朝10時の回。
年齢層は高めだったような気がします。
キネ旬なので客席の数自体そんなに多くないのですが、7割くらい埋まっていたような気がします。

ここで映画を観終わったら、綺麗な服やら生活を整えるために必要な綺麗なものやらの買い物でもして、今日の晩御飯に、お酒も買ったりして、満たされた日曜日の夜を迎える人たち。

映画は、映画。
娯楽。ひまつぶし。
人生をちょっと豊かにする、プラスアルファ。

そんなことにちょっと嫌気がさしたところで、ぐるっと一周考えて、結局自分の無力さにがっかりして、今日寝て明日起きたらそんなこともう忘れている。
そんな自分が、一番滑稽だと思いました。

捨てたんじゃない。拾ったんです。
捨てた人は他にいる。

白黒をはっきりつけないといけない立場の人もいます。

でも私は、グレーをグレーのまま置いておけるゆとりを忘れないということを、生きる態度として貫き通したい、そう思いました。
オセロは好きだけど。

【46】まるで外国

中禅寺湖から日光駅へは、いろは坂を下ります。
バスで約40分。


日光は世界遺産があり有名なので、多くの外国人観光客が訪れます。
綺麗な紅葉を見に、中禅寺湖や湯元方面にも多くの外国人観光客がいます。

 

中禅寺湖周辺にはコンビニも銀行ATMも図書館もおしゃれなカフェも無いので、おやすみの日やおやすみの前の日など、いろは坂を下って下界に降ります。

 

土曜日、17:52発のバス。

外国で、ひとり旅をしている気分になりました。
なんか、ちょっぴりわくわくした気分になったと同時に、
いつまで続くのかなあ、このインバウンドブームは、と、ちょっぴり不安になりました。

【45】観光地の防災

仕事が終わって帰って、たまに、テレビをつけます。
テレビが、雑音が、不意に恋しくなるようなとき。

 

ちょうど、大阪や北海道の、災害の影響のニュースがやっていました。
観光地の多くは、外国人観光客頼みのところが多くなってきていて、今回のようなことが起こると、観光客が一気に減って、観光地は大ダメージ。

という話は、どの観光地でも今後起こりうる可能性のある状況だなあ、と。

 

対策とかって、取っているんでしょうか。
日本に来る外国人観光客の、防災対策とかって、どんな感じなのでしょうか。

 

今回のような災害は、近いうちにまた起きます。
「日本は危ないから、行くのやめよう」
そんな空気が広がったら。
外国人観光客頼みの観光地は大打撃を受けます。
お客さん来ない、お金が落ちない、従業員の給料払えない、何もできない、ああああ。
いやだそんな未来。

災害大国、日本。
できることは、きっとある。

 

私にできることは。

【44】温泉ってすごいと思いました、改めて

温泉ってすごいと思いました、改めて。


いま暮らしている寮には湯船がなくシャワーのみで、温泉に入れるのはおやすみの日だけなのです。
おやすみの日でも、なんだかんだ入れない日もあり、この日は2週間ぶりくらいの温泉でした。
泉質は、弱アルカリ性単純温泉で、源泉かけ流しではなく加水してろ過して塩素消毒もしているので、温泉としては良いものとは言えないのですが、それでも、温泉の効果はしっかり感じられます。
アルカリ性なので、肌の汚れを落としてくれる効果があり、さっぱりします。
温度は39度ほどなので、ゆっくりじっくり体を温めることができます。
温泉から上がったあとは、芯からポカポカします。
寮に戻っても暖房いらず。
ちょっと冷めてきたところで、一気に眠気が。
その頃には寝る支度ばっちり、で、ぐっすり快眠。


最高の、贅沢だと思います。