むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

20代(女)が思ったことをつらつらと書いていくブログです

「やりたいこと」と「できること」について、魔法使いを当てはめてみたらしっくりきた

私には、「できること」がありません。

 

いや、できることはたくさんあります。
字を書くことができる
日本語を話すことができる
文字を読むことができる
ご飯を食べることができる
歯を磨くことができる
電車に乗ることができる
まっすぐ歩くことができる
両足で立つことができる

挙げたらキリがないくらいあります。

 

でも、「できること」はありません。

履歴書の、「資格」の欄はいつもまっしろです。
運転免許も持っていません。
履歴書の、「特技」の欄を書くのが苦手です。
なるべく「特技」の欄がない履歴書を探します。
面接官に「何ができるの?」と聞かれ、ちゃんと答えられたためしがありません。

そういう場面に遭遇するたびに、「できること」って大事だよなあ、必要だよなあ、英検くらい取っておいた方がよかったかなあ、フランス語もうちょっとちゃんとやっておけばよかったかなあ、運転免許くらい…と若干の後悔をするのですが、それも喉元過ぎればなんとか。

 

「できること」を増やすより、「やりたいこと」を探す方が大事!

私はずっと、そういう考えを持っていました。

 

「やりたいこと」のパワー、エネルギーはすごいと思っていて、“思い”さえあれば、“気持ち”さえあれば、事はなるようになる、と思っています。ここは今でも変わっていません。そういう人たちをたくさん見てきました。
「できること」があることはもちろんいいことだけれど、それよりも「やりたいこと」の方が大事、「やりたいこと」がわかれば、「できること」はあとからついてくる、という考えも今でも変わっていないですが、それは「できること」がない、得ようとしない自分への言い訳だったのかもしれないなあと思いはじめる自分もいたりして。

 

ある日、職場の1つ上の先輩と、これからどうするの~?という話をしていたとき、「道を決める時、みんなどうしているんですかね~」というわたしのざっくりとした質問(というかぼやき)に、先輩は、

自分ができること
今やりたいこと

この2つが大切なんじゃないかな。

と、ビシッとした回答をくれました。

 

“自分ができること”

でました!「できること」
私が苦手なやーつ。

 

「できること」ねえ…

と、お風呂上りにストレッチをしながらぼんやりとしていたら、ふと、こんな考えがおりてきました。

 

魔法使い。
魔法というか、特殊能力が使える人間。
が、主人公のものがたり。
彼(もしくは彼女)は、ごく普通の高校生。
が、ある日突然、ひょんなことから魔法(特殊能力)が使えるようになってしまう。
その魔法(特殊能力)が使えることにより、さんざん大変な思いをする。
ばれないように細心の注意を払わなければいけなかったり、今までの何気ない、でもいとおしい日常には二度と戻れなかったり、命まで狙われたり。
けれどもその魔法(特殊能力)は、人を、ひいては世界を救う。
その魔法(特殊能力)を必要としている人がたくさんいる。
彼(もしくは彼女)は、その魔法(特殊能力)を使って人を助けるということは、決して「やりたいこと」ではない。
けれども、半強制的に人を助けざるを得ない状況に追い込まれていく。
そうして人から求められ、人の役に立ち、彼(もしくは彼女)は少しずつ成長していく。

 

というものがたり。よくある、ありふれたものがたり。

 

ここでいう魔法(特殊能力)が、彼(もしくは彼女)の「できること」。
この「できること」は、彼(もしくは彼女)の「やりたいこと」ではない。かすってもいない。
けれども、その「できること」のおかげで、彼(もしくは彼女)は世のため人のために役に立つ人間になれる。
彼(もしくは彼女)が世の中に必要とされている、ということがわかると、彼(もしくは彼女)も嬉しくなる、やる気になる。

 

「できること」から広がる世界もあるんだなあ。
考え方が変わった瞬間でした。

 

そういえば前に似たような経験をしたことがあったなあと思い出したことがひとつ。
前に少しだけ、webサイト制作の仕事をしていたときがあったのですが、そのときに、大学の頃の友人から、こういうことをやっているんだけれど、webサイトの制作をお願いできない?という話を何件かもらったことがありました。
その頃の私は、よちよち歩きくらいの状態だったにも関わらず、声をかけてきてくれたということに対して、驚きました。と同時に、すごく嬉しかったんです。

 

そんな経験が、魔法使いの想像と重なって、「できること」から広がる世界もなかなかおもしろそうだ、と思いはじめてきた今日この頃です。

「平成29年7月九州北部豪雨」で思ったこと

この前の九州に降った雨を、気象庁が「平成29年7月九州北部豪雨」と命名した、というニュースを、夕飯をもぐもぐしながら横目で見ました。
九州の雨がすごかったとき、私は佐渡にいて、新聞にもテレビにもノータッチな毎日を過ごしていたので、「どうやら九州の方で雨がすごい」くらいの認識でした。
そのニュースで、34人が亡くなった、という情報を知りました。
その数字に、私は驚きました。
え、そんなに。
まあ雨は結構降ったみたいだけれど、この日本で、豪雨で、どうしてだろう、と単純な疑問がわいてきました。
もちろん、数の問題ではない、ということはわかっていますけれども。

 

そのニュースで、“ため池”という言葉を知りました。
被害が甚大だった福岡県朝倉市には約100ヵ所のため池があり、そのため池が決壊したことによる被害が大きかった、“ため池”は、名の通り水をためておくところで、その水は主に農業に使われ、生活に欠かせないものとなっていた、というような話でした。

 

佐渡に行くようになってから、水って本当に大切なものなんだなあ、ないと米育たないもんなあ、恵みの雨ってほんとその通りだなあ、ということを、実感はしていませんが、農家さんの気持ちに少しだけ近づいたような気がしていたので、ため池がなくなってしまっって本当に大変なんだろうな、と。まあ自然を相手にしているのだから仕方がないと言ったらそれまでなんでしょうけれど。

 

ニュースはそのあと、専門家みたいな人のインタビューで、ため池を復旧することはもちろん必要だが、防災の観点からもしっかりとみていく必要がある、的なことを言って締めくくられていました。
おっしゃる通りです、と思いつつ、“ため池”が約100ヵ所もあるというのは多い方なのだろうか、とか、“ため池”はいつ頃つくられたのだろうか、昔にも決壊みたいなことはなかったのだろうか、あったとしたら何か対策はなかったのだろうか、雨が降ったらここに逃げろ的な、避難経路的な、とか、ちょっと気になってしまって、グーグル先生に聞いてみました。

 

農林水産省のHPによりますと、ため池は、降水量が少なく、流域の大きな河川に恵まれない地域などに多いそうで、瀬戸内地域に最も多くあるということでした。

http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/bousai_saigai/b_tameike/pdf/tameike_1rev4.pdf


また、福岡県土地改良事業団体連合会のHPによりますと、福岡県内にため池は5,270箇所あり、九州7県の中で最も多い数ということでした。

http://mnf21.com/~tameike/index.html

 

産経新聞のニュースには、ため池は大正時代に完成、という記述がありました。
77歳の方のお話を読む限り、むかしに被害があったというようなことはなさそうです。

headlines.yahoo.co.jp

 

九州豪雨と“ため池”に関しては、報道ステーションの動画がわかりやすいかと思います。

news.tv-asahi.co.jp

 

今回被害の大きかった福岡県朝倉市にあるため池の数は、多い方ですけれども、他にもっとたくさんあるということがわかりました。
その、たくさんある地域、たとえば瀬戸内地域や、九州の他の地域などで、今後同じような豪雨があった場合、同じような被害を出さないように、どうか動き出していただきたいと思います。

 

東北の震災のときもそうでした、九州の震災のときも、今回の豪雨のときも、すぐそこに困っている人がいる、自分にもできることがある、そこは数時間で行ける距離、だけれども、行けない(行かない)。
テレビの前で、ぼーっとして、ちょっとだけ考えて、ちょっとだけ心を痛めて、おしまい。
だんだん、報道に飽きてくる。


そろそろ、そんな自分に飽きてきました。
気づいたんです。いまの暮らしの中で、行けないことはないんだって。
月曜日から金曜日まで、9時から17時まで、拘束されている身ではないのですから。
雇われてはいますが、ちょっと、事情を話せば、3,4日は休めると思うんです。
あとは、自分の気持ち次第だと思うんです。

佐渡から大磯に一時帰ってきました

f:id:mitoooomo:20170719164455j:plain

今日は朝一5:30発のカーフェリーおけさ丸で新潟へ、8:00に新潟港に着いて、朱鷺メッセの30階の展望台から新潟の街並みを見渡して、新潟駅からMaxときの2階に乗って東京駅まで、人の多さにへろへろになりながら、約3ヶ月ぶりの電車で、他人の近さにちょっと怯えながら、でもきっと、人が多いと思うのも、電車がちょっと怖いと思うのも、明後日くらいには忘れいるんでしょうきっと。


それでも会いたい人に会えて、1日目から幸せな時間でした。

 

夜が涼しくない。
あと2週間、がまん。

佐渡が恋しい、そんな夜です。

本とコミックの情報マガジン「ダ・ヴィンチ」8月号の表紙のこと

f:id:mitoooomo:20170719163036j:plain

前に、フジテレビの番組「ボクらの時代」に出ていたときWTPのことを話していて、朝からおおおー!ってテンションが上がって嬉しくなったけれど、今回はそのとき以上に、おおおおー!って嬉しくなった。
小織さん、本当にすごいなあと思う。かっこいいなあと思う。
いや、小織さんだけじゃないんだけれど、それはよくわかっているんだけれど、やっぱり、小織さんの人柄というか、ここまで人を巻き込めて、社会にもどーんとインパクトを与えられて。
憧れる。本当に。
---
本とコミックの情報マガジン「ダ・ヴィンチ」8月号の表紙に、NPO法人World Theater Projectの代表、教来石小織さんの著書「ゆめのはいたつにん」が載っています。
斎藤工さんの左手に包まれています。
NPO法人World Theater Projectの活動は、本当に素敵なものだと思っています。ますます大きくなっていくんだろうなあとわくわくしています。楽しみにしています。

---

NPO法人World Theater Projectの詳細はこちらをご覧ください。

World Theater Project - NPO法人 CATiC

佐渡に来てから2ヶ月とちょっとが経ちました

元気です。
(元気に、なりました)


この1ヶ月とちょっとも、いろいろなことがありました。

仕事をして、ちょっとでも時間ができたらカメラを片手に散策をして、出かけるたびにあたらしい佐渡に出会えて、さらに知りたくなって、知って、ますます知りたくなって、あれもこれも知りたい!時間が足りない!ってなって、けれども勢いにまかせてだーっとやるとすぐへばってしまうのがわたしのよくないところなので、はやる気持ちを抑えつつ、しなしな、ひとつずつ、できることからやるようにしたり。

まちおこしとかまちづくりとか地域復興とかそういうことに関心のある人だったら知らない人はいないんじゃないかという有名人、山崎亮さんの講演をなんと佐渡で聞けるという機会にも恵まれ、7月には世界遺産に登録される国内選考の結果がでるとかで、これからますますおもしろくなるんだろうなあ佐渡、などと勝手にわくわくにやにやしたり。

佐渡のくびれが見渡せる高いところで流星群を観たり。

ここ2~3週間くらいの間に3ヵ所病院に行ったり。

部屋に置いてあるテレビは置物で、新聞はロビーに置いてあるものをたまにちらっと見るくらいで、ラジオニュースも聞かず、ネットニュースを見ることもなく、外にご飯を食べに行ったときにテレビがついていたら、横目で見る、くらいのニュースとの距離感の日々なので、世の中の動きというものにかなり疎くなっておりまして、それでもちらちら入ってくる映像やら見出しやらからでも、なにやら不穏な空気を感じるようになりまして、ちょっとサイレントマジョリティのままではいけないなこれはと危機感を抱いてきたり(抱くだけじゃだめですね)。

ほかにもいろいろなことがありましたが、濃い毎日のようで、けれども時間の流れはものすごくはやいような気もしていて。
あれもうすぐ7月!!!!
という気持ちです。
全然雨も降らないですし、蒸し暑くもないですし、むしろ朝晩は涼しいくらいなので、もう6月も終わるということにまったく実感がないのです。
が、カレンダーはもうすぐ7月。
紫陽花を見に行かないと。
もうすぐ向日葵。

 

写真がメインのブログの方は、ちょくちょく更新しています。
(1ヶ月ほど遅れていますが…しなしなと…)

mitoooomo.tumblr.com


文章がメインのブログの方は…。
最近、文章のインプットもアウトプットも全然できておりませんで。
そろそろ、言葉が枯渇してきそうです。
この前、「芥川」さんという名前を目にしたのですが、その文字を見たとたんに、本に没頭したい欲が湧き出てきまして。
ああ、着物をゆるく着て、下駄をかつかつ鳴らして、本を抱えて、風通しのいい縁側かどこかで、朝から夜まで、時間を気にすることなく本に埋もれたい、と、そんな想像をしてしまいました。
いつやろうかしら。


嬉しかったことがひとつ。
5月の中旬くらいに、大学時代の先輩が佐渡に遊びに来てくれました。
その先輩は初佐渡で、なんと日帰り。弾丸です。
「どこか行きたいところありますか?」
初めての佐渡なら、無難に金山とかたらい舟とかトキとか…
もちろん魅力はありますが、せっかく天気もいいし、なんかなあ、と思案していましたら、
「みきてぃが残暑見舞いでくれた写真のところに行きたい」
と。
去年、佐渡の夏の景色があまりにきれいだったので、これはポストカードにして残暑見舞いを出そう!と思い立ちまして。
その先輩には、岩首というところの棚田の風景を送っていました。
「じゃあ、岩首で!」
レンタカーは14-19時。
レンタカー屋のおじさんは、
「ずいぶん弾丸だねえ、佐渡は初めて?この時間だったら、トキを見て小木でたらい舟か、相川の金山に行って帰って、かなあ。あんまり時間ないよ」
と。
まあ、そうですよね。初めてですもんね。
私「岩首に行こうと思っていて!」
おじさん「?!!!!」
「・・・」
初めての佐渡で岩首、なかなかマニアックな選択だと思います。
おじさん「あのあたりは道がせまいから、気をつけてね。くれぐれも無理はしないように」
「はーい!」
岩首の棚田から、佐渡のくびれが見渡せる大佐渡スカイラインを通って、相川へ、北沢選鉱場跡をチラ見して、先輩は両津へ。
わたし的には、とてもいいコースだったのではないかと自画自賛でした。
先輩も、佐渡いいところ!と言ってくれていたので、よかったです。
なにが嬉しかったかというと、もちろん先輩が遊びに来てくれたこともそうなのですが、わたしが送ったポストカードが、役に立った!と実感できたことが嬉しかったのです。
ということで、今年も送りたいと思います。暑中見舞い。
個別に住所を聞いてまわりますので、返信お待ちしています。
文通友達も絶賛募集中です。

 

最後に。
いつも、わたしのことをほめてくれる人がいます。
なにもない、なにもしていないわたしでも、無条件にほめてくれる人がいます。
笑顔がすてきですと言ってくれる人がいます。
あなたの笑顔にはすごいチカラがあると言ってくれる人がいます。
悩んだり、落ち込んだり、自分のことが好きになれなかったりして、うまく笑えなくなるときは、思い出します。
わたしから笑顔をひいたら、ほんとうになにもなくなっちゃうよな、ぺらっぺらのすっかすかになっちゃうよな、わたしには笑顔くらいしかないもんな、そう思ってひとまず口角をあげてみると、さっきまでもやもやしていたことがたいしたことじゃなかったんだなと思って、気づいたらまたいつも通り笑えるようになるんです。
大きな大きな支えです。


7月の後半は一旦帰る予定です。2週間くらい。
会いたい人がたくさんいるので、個別に連絡します。返信お待ちしています。
暑いんだろうなあ…。


ひきつづき、佐渡でお待ちしております!!

佐渡に来てから1ヶ月が経ちました

着いてから1週間くらいは、自分でもびっくりするくらいのホームシック、というより、気が許せてなんでも話せて可愛がってくれる人たちシックの寂しさと、去年の思い出がいたるところにちりばめられていて、その懐かしさともどかしさと何かとなにかに押しつぶされそうになって、とりあえずひたすらテレビにすがって精神を安定させていましたが、それも1週間をすぎるとだんだんと心地よさに変わっていって、今ではテレビはただの置物になっています。

 

仕事は、内容は前にやっていたことと全く同じことですがなんだかんだ半年ぶりだし大丈夫かな、と結構不安に思っていましたが、人間の能力ってすごいんですね、体が覚えていました。けれど接客は、半年の間はじめましての人に笑顔をつくる機会がまったくなかったので、ちゃんと笑えるかしらと不安でしたが、こちらも問題なくスイッチオンできました。

 

去年は佐渡に来たのが夏の忙しくなるちょっと前の時期だったのですが、今回はまだまだ少ない方で、かつ働いている人たちが皆さん穏やかでいい人たちばかりなので、全体的にゆるりとした時間が流れているような気がします。
仕事に関しては一通りわかっていて、もう新しく覚えることがないという自分自身の心のゆとり的なものも関係しているのかもしれませんが。

 

仕事の手順で頭がいっぱいになるなんてことはもうないので、お客さんとの会話が楽しみのひとつになっています。
佐渡の人なんですか?
いいえ、違うんです。神奈川から来ているんです。
ええ!またそんな都会から。どうして?
島で暮らしてみたいなと思いまして。
いいわよね~島。
みたいな会話はよくします。
聞かれて答えに困ることは、
おすすめの場所は?
おすすめのごはんは?
雨の日でも楽しめるところは?
など。

おすすめは?全部です。笑

 

夏に比べて比較的休みも多いので、休みの日はカメラを持って散策に行きます。
実家にいるときは眠れる時間があればあるだけ寝ていたのに、今は、休みの日を睡眠に使ってしまうのはもったいない、と心から思うようになりました。
人間って環境によって変化する生き物なんですね。すばらしい。

 

春の佐渡はたのしくてたのしくて。
ソメイヨシノからはじまり、八重桜や遅咲きの桜に山桜。
道ばたには色とりどりの可愛いかわいいお花たちがたくさん咲いています。

 

今私が働いているところは相川というところで、佐渡金山で栄えた街なのですが、その頃の様子が伝わってくるような街並みやお寺や神社や建物やいろいろがいたるところに残っていて、ただ歩いているだけでも本当にわくわくするのです。
佐渡全体も同じで、日蓮世阿弥上皇やそうした人たちが流されてきた島でもあるので、何気ないところにぽつんと、すごく歴史のあるものがあったりします。
古くて、その頃の人たちの暮らしや息づかいや想いなどを感じることができるものが大好きな私にとっては、本当に最高の場所です。パラダイス。

 

他にも、古民家を改装したミニシアターやカフェや蕎麦と懐石料理のお店や居酒屋や、その空間にいるだけで幸せな気持ちになれるところがたくさんあって、たまらないです。パラダイス。

 

佐渡に住む、私がひそかに憧れていた、すごく素敵な写真を撮る方(前回佐渡に来たときに奇跡の出会いを果たせた人。詳しくは↓

goo.gl

に、よくいろいろなところに連れて行ってもらっているのですが、連れて行ってもらうところすべてが本当に魅力的なところで、改めて本当に、あのときの出会いに感謝です。感謝してもしきれないくらい、感謝です。ありがとう出会いの神様仏様。

 

その方にこの前、「図書館ってないんですか?」「ありますよ」図書館の存在を知りました。
こぢんまりとした図書館でしたが、佐渡の郷土に関する書籍はたくさんあり、他にも読みたいと思っていたけれど手を付けられていなかった書籍(漫画)たちが結構あり、柳田国男とか1Q84とか吾輩は猫であるとか火の鳥とかブッダとか、夏はここに籠ってしまうなと確信しました。

 

もうそろそろ、蜂が元気に飛び回る時期です。
そうなると、ふらっと散策ができなくなります。
いや、蜂は何もしなければ何もしてこないので特に問題はないのですが、あの音が苦手なんです、本当に。
耳元でなっただけで、ひえっ、となって、何にも集中できなくなってしまうのです。
なので蜂が活動的になる前に、そして暑くなる前に(東京は30℃だとニュースでやっていて驚きました。そういえば前に着物を着ていたときに、まだ5月だから袷だけれどもう暑くて無理よね~というような話をしていたことを思い出しました。佐渡はまだ長袖です。朝晩はまだひんやりします。曇りや雨の日は日中でも肌寒いです)歩きたいところを歩いて、蜂が元気になってきたら、図書館にこもって佐渡に関する本を読み漁りたいと思っています。こちらも楽しみ。

 

それから、大学2年生の頃、タンザニアに行く前に購入した一眼レフを4~5年眠らせたままだったのですが、去年の秋くらいにゆすり起こしまして、休みの日はほぼ毎日撮り歩いています。

写真はFB(とインスタグラム)に随時アップしていたのですが、うーん、なんかなあ、と思い、この度、写真をメインにしたブログをはじめることにしました。
よろしければ、ひまつぶしにでもご覧ください。

mitoooomo.tumblr.com

 

この前のゴールデンウイークに、大好きな友人が、お似合いの彼氏と一緒に佐渡に遊びに来てくれました。
一緒にいられた時間はちょっとでしたが、本当に楽しい時間でした。
会える日の一週間くらい前から毎日、想像してはにやにやして、顔を見られた瞬間は本当に嬉しくて、お別れのときは本当にさびしくて泣きそうになりました。帰ったら会いに行くから!

 

お別れはさびしいですけれども、会えると思うとそれだけで嬉しくて幸せな気持ちになれます。

 

ということで、佐渡でお待ちしております。
6月はイワユリやカンゾウ、他にもいろいろな花が咲き乱れ、相川ではお祭りがあり、歴史を感じる古い能舞台での薪能も開催されます。
7月、8月は海水浴シーズン。薪能に花火にアースセレブレーション。満天の星空と天の川。
秋は紅葉。

 

佐渡でお待ちしております。

佐渡に行ってきます

4月に入ってから、毎日がしあわせで、毎日がたのしくて、びっくりするくらい心安らかで、(大殺界なのに)、近いうちに何かものすごく恐ろしいことが待っているんじゃないかと不安になってしまうくらい、それはもうおだやかな日々でした。

春のせいでしょうか。
桜と霞んだ月と夜風のせいでしょうか。
それとも。

 

だめだめで、ぶれぶれで、自分のことしか考えられなくて、迷惑しかかけられなくて、浮き沈みが激しくて、気分屋で、それでいて頑固で、さびしがりで、かまってちゃんで、もう本当に私より最低な人間っているのかな、とよく思うのですが、それでも、こんな私でも、会いたいって言ってくれる人がいて、受け入れてくれる場所があって。
ほんと、もらってばっかりで、いつになったら返せるのでしょうか。

 

上越新幹線MAXとき、貴重な二階席(二階建て新幹線はもうすぐ運行終了らしい)からは、あたたかい陽射しに照らされてうれしそうに咲き誇る桜たちを、たくさん見られました。

 

群馬から新潟へトンネルを抜けると、そこは雪国でした。
もう4月なのに。

 

新潟駅に着いたら、なんだか、ただいま〜という気持ちになりました。
まだ両手で数えられるくらいしか来てないんですけどね。
あたたかいところです。

 

新潟港からの海はおだやかできらきらでした。
いい天気!
新潟の山々はまだ白くて、雄大で、かっこよくそびえ立って見えました。

 

会いたい人にしばらく会えないさびしい気持ちと、
佐渡でお世話になった人たちにまた会えるうれしい気持ちと、
次はどんな人たちと働くのかなあというたのしみな気持ちと、
うまくやれるかなあというちょっぴり不安な気持ちと、
いつもこんなごちゃごちゃな感じです。
嫌いじゃない感じです。

 

とりあえず3ヶ月、働いてきます。楽しんできます。

 

佐渡で待っています。

 

 

P.S.さっそく、きれいな夕日とまあるい月が出迎えてくれました。ありがたい。

f:id:mitoooomo:20170410222129j:plain

f:id:mitoooomo:20170410222153j:plain