むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

後の世の為

Eテレの番組「ハルさんのふるカフェ系」。

古民家好きの青年が古民家カフェを訪れて、その古民家のこととか地域のこととか人々の想いとかを知る内容。

私は好きでよく観ているのですが、このときは熊本にあるカフェの回でした。

 

熊本といえば加藤清正

カフェの前にある川は熊本城の外堀として整備されたものでしたが、同時に後世の平和な世を見越して商業用水路としても機能するように整備した、という話をやっていました。


加藤清正の口癖は『後の世の為』だったそうですよ」

と案内人の建築家の先生が言っていました。

 


「後の世の為」

徳川家康も、織田信長も、明智光秀も、坂本龍馬も、吉田茂も、後世の人々が、子や孫やその子や孫たちが、争うことなく、笑ってたのしく豊かに暮らせる世の中になるようにと、願って行動してきたんだろうな、と思うんです。

見つめる先は、50年後、100年後、200年後。


いまの世の中に、100年後を見つめて生きて行動している人がどれくらいいるのでしょうか。

 


私は?

ハッとされられました。

 


100年後の未来を見つめるには。

どんな未来にしたいか。

100年というとちょっと遠すぎて漠然としすぎているので、たとえば甥っ子が20歳になる、約20年後とか。


加藤清正徳川家康吉田茂は大きな社会のシステムごとつくったり変化を加えたりしましたが、私にはそれは難しいし、やりたいとも思いません。交渉とか苦手だし。

なので、小さなことからはじめます。

1人の100歩より100人の1歩。

べつに仕事を辞めたり変えたりしなくても、NGOでボランティアをしなくても、青年海外協力隊に応募しなくても、アクティビストにならなくても、毎日の暮らしを見つめなおしてみるだけで、できることって案外多かったりします。


学生のときにフェアトレードという動きを知って、ふだん何気なく買っている商品の裏側にいる生産者や流通の仕組みなんかが気になるようになってきて、消費者ひとりひとりの行動が変われば、世界は変わるじゃん!と発見して、その当時は認知度の低かった言葉も、10年くらいの年月を経て大手通信会社のCMで使われるようになって。

インパクトは決して大きくはないし、即効性もないけれど、じわじわと、ひとりひとりが自分にとっての心地よさや世界の不自然さに気づきはじめて行動した結果が、いま。


20年後、50年後、100年後の未来を、子や孫やその子たちのことを考える人がひとりでも増えたら、きっともっと素敵な未来になるんだろうなあと思います。あたりまえだけれど。


自分の行動が、態度が、思考と矛盾していないか。

言い訳はしたくないなあ。

場所をつくりたい

たとえば35歳くらいで、私はどんなことをやっているイメージ?

と、聞いてみた。

 


好きな宿を見つけて働いてるか、コミュニティーを作る仕事をしていそう。

 


コミュニティーを作る仕事?

 


行った先で面白い人と人をつなげるとか、人の集まる空間作りとか。

 


なるほど。

そうだ。

私は、人と人がつながって、新しいわくわくするような何かが生まれる瞬間を、後ろで見守るのが好きなんだ。

学生の頃、先輩たちが立ち上げたカフェでアルバイトしていたときに思った気持ち。

この人たちがいれば、日本の未来は、世界の未来はきっと明るい。

そんなことを思った。

すごく、未来にわくわくした。

そんな想いに改めて気づいた。

 


先輩たちに、会いたくなってきた。

いつも、何度でも

しばらく、暮らしたいと思える場所に出会うこと。

ここ2.3年の旅の理由のひとつ。

 


海が近いこと。

できれば、海風が心地よく吹くところがいいけれど、洗濯物は外に干したい。

お日さまをいっぱいに浴びてのびのびと風に揺られている洗濯物はとても美しいと思うし、天気がいい日は一日中日向ぼっこできる洗濯物がうらやましい。

 


食べたい!と思ったときに新鮮な海の幸が食べられる距離感。

 


鉄道が通っているところ。

電車が好きです。

(ゆくゆくは取る予定ですが)運転免許を持っていないというのも理由のひとつ。

 


残したいと思う文化や伝統があるところ。

特に布系が好きです、最近は。

 


魚屋さんと八百屋さんがあって、できればお豆腐屋さんとお肉屋さんも。

 


ある場所に根をはって、自分の個性を活かしてその場所にあたらしい風を吹かせている人たち。

かっこいい。そう思います。

憧れです。

 


わたしもそんな人になりたい。

わたしの個性ってなんだろう。

できることってなんだろう。

そのために今やるべきことってなんだろう。

 


あと数年で、なれるのか。なりたいものに。

 


本末転倒。

こうしなければいけないことなんて、きっと何もない。

どうにでもなる。

何歳になってからでも、何処へでもいける。

 


好きな人と、好きなものさえ大切にしていれば。

そんな綺麗事。

綺麗事に勇気づけられるのが、わたしのいいところ。

 


数年後、何もないままかもしれない。

そのときは、謝ろう。

先に謝っておこう。

まあ、なんとかなるよ!

やりたいこと2020ver

奥の細道を旅する

・イザベラバードの旅を旅する

・4/17に日光詣をする

麒麟がくる明智光秀のようにスマホを持たずに旅をする

・太平洋戦争の戦地を旅する、「神国の残影」

・茶道を知る

・着物をリメイクする

・文章を書いて対価を得る

旅と本

旅をするとき、その土地の歴史や気候、文化、人の想いにより深く触れたい、と思います。

 

できるなら、数週間、数ヶ月、欲を言えば四季を。

でもそれはなかなか難しい。理想と現実。

 

そんなときに、拠り所にするのが、本です。

その土地について詳しく書かれているものや、デザインを特集したもの、食、歴史、手仕事、などなど。

 

それらの本を眺めている間、読んでいる間、実はすごく好きな時間です。

 

もうすでに旅が始まっているから。

 

旅に出たくなるような本。

その土地を深く味わえる本。

 

そういう本がたくさん並んでいる空間をつくりたいのです。

そしてできれば、そういう本をつくりたいのです。

暮らしたい場所、過ごしたい空間

古い建物が並ぶところ。

昔からのお豆腐屋さん、八百屋さん、お魚屋さんに歩いていけるところ。

鉄道の駅が近いところ。ローカル線。

昔からの暮らしの知恵があるところ。

美味しいお魚が食べられるところ。

洗濯物を外に干せるところ。

よく、晴れるところ。


温泉があるところ。


近くに美味しいラテが飲めるところ、体に優しいスイーツが食べられるところ、美味しくてこだわりのあるレストラン、庭園を眺めながら抹茶と季節の生菓子を頂けるところがあるところ。


海が見えるところ。

旅をしたくなるような本が置いてある。

原稿用紙と万年筆かガラスペンが置いてあって、自由に書ける。

持って帰ってもいい

置いていってもいい

置いていかれたものは大切に仕舞っておく。

かえってきたときに思い出せるように。


手仕事のものが置いてある。

伝統工芸品に触れられる。


気分に合ったカクテルが飲める。

本を読みながら味わえる。


四畳半の書院造り。