むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

スーパーは地域の情報の宝庫だと思った話

最寄りのイオンで買い物をして、併設されているやきとり屋さんでやきとりを買う、いつも通りの日常。

やきとり屋さんに並んでいるのは父親。

その後ろ姿を通路の向こう側でぼーっと見ている私。

 

父親の前に並んでいるのは、70代後半から80代くらいの女性2人。

どうやらお友達のよう。それぞれ1本ずつやきとりを購入している。

列は右から左に並んでいて、もう少し左に目を向けると、同年代くらいの女性があと2人、併設されている小さなイートインスペースのような場所でお店を広げている(最近はもう言わない?)。

並んでいた2人も合流して、楽しそう。元気だなあ。

皆さま、一人暮らしだろうか。

元気そうだけれど、ちょっと耳通そうだな。

重い荷物持ってお家まで帰るの大変そうだな。

 


そんな光景をぼんやり眺めていて、ふと。

 


ここに、たとえばちょっとしたお困り事とか相談事とか気軽に聞いてくれる人とかいたら、地域の色々な問題の解決に役立ちそう、と思った。

市民センター的な、市役所の福祉課の派出所的な。

 


スーパーは、日常。

近くに暮らしている人、地域の人たちは利用する。毎日か、何日かに1度か。

毎日ここにいたら、顔見知りになったり、相手は知らなくても、こちら側はだいたいの家族構成とか、たとえば購入したものでなんとなくの生活感とか、わかる。

その、スーパーのレジとかの店員さんが把握している情報を、たとえば福祉の専門の人に共有したりできれば、地域の問題を未然に防いだりすることができるのではないか、と思った。未然に防いだり、必要な情報が届いていない人にこちらから働きかけたり、孤立している人に手を差し伸べることができたり。

たとえば、毎週火曜日に来ている高齢の女性が、最近来てないね、と思ったら、それをたとえば市の職員に伝える。

30代くらいの、いつもお惣菜の値引きになったものだけを買っていく女性、いつも疲れたような、少し虚ろな目をしている。もしかしたらシングルマザーとか貧困状態にあるかもしれない、とか。

個人情報の問題とか、思い込みや勘違いの問題とか、まあいろいろハードルはあると思うけれど、スーパーって、地域の暮らしに関する情報は集約されている場所のような気がしていて、まだまだできることはあるんじゃないか、と思った。

声を上げられない人、どこに相談したらいいかわからない人、頼れる人がいない人、情報弱者の人とか、従来のやり方では見つけることが難しかった人たちにアプローチできるかもしれないな、と。

 


やきとりを食べながら、これってスーパーじゃなくて、もっと小さな単位というか、コンビニってもっと地域密着だよな、と思った。

コンビニ、ありかも。