むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

長野の右上から左下へ旅

長野の南は、もはや初夏の陽気でした。

 

ローカル線にゆられて、長野をほぼ縦断。
まずは、JR飯田線伊那大島」駅へ。満開の桜にうきうきして、雰囲気のいい珈琲屋さんでまったりして、気持ちのいい温泉に入って、トルティーヤを作って(!人生初)食べて、コスタリカの話やいろいろな話をして、胸が熱くなったというか、わくわくしたというか、ざわざわしたというか。
みずーほ、ありがとう!

 

次の日は、「岡谷」駅下車、諏訪大社へ。
上社(本宮・前宮)と下社(春宮・秋宮)。
ときおり吹く強い風に、身が清められたような気がします。
ラストは立石公園。(「君の名は」の)
いやー、びっくりしました。
まさに、絶景。
すごい。すごかった。感動。
♩運命ーだとーか未来ーとか♩

 

帰り道は車で。
途中、姨捨SAからの夜景もびっくりするくらい綺麗でした。
姨捨(おばすて)は駅からの眺めも良く、「日本三大車窓」のひとつに選ばれているそうです。
きよてるさん、ありがとうございました!

 

長野に来て約2ヶ月。
生活にも仕事にもだいぶ慣れてきて、ちょっぴり、ゆるみや疲れや迷いが出てくる時期。
そんなタイミングでの旅、とても良い2日間でした。

 

それにしても、長野は広い!