むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

大事なものさえ守れれば、右も左も関係ない、と思う

映画「合葬」を観ての感想。

合葬 : 作品情報 - 映画.com

幕末の話。
彰義隊の話。
薩摩・長州の側ではなく、徳川側。
彰義隊とは、幕末の混乱の中で、将軍様、つまり徳川慶喜を護衛する目的で結成された隊。
その存在自体が徐々に不要になっていく中、勝海舟が江戸市中の見廻りというお役目を与えたことにより、当初は江戸市民からの期待や人気も高かった。
ところが将軍様が水戸に隠居することになり、もはや彰義隊は無用の長物となってしまう。それどころか、彰義隊士の中には、将軍様の名誉回復のため戦も辞さぬという考えを持つものも現れる。当然、薩摩・長州のいわゆる新政府軍といわれる人々は彰義隊の存在を危惧し、江戸市中の見廻りというお役目を解き、解散を命ずる。
そのような強行手段になにも言わずに従うはずもなく、江戸は不穏な空気に包まれていく。
その彰義隊に運命を翻弄される3人の若者を描いたお話。
原作は、漫画家でもあり江戸専門家の杉浦日向子氏の漫画「合葬」。

 

以下、感想。ネタバレあり。

 

朝日新聞のテレビ欄の下の映画広告で発見した次の日に観に行ってきました。
テレビ欄の下に堂々と大きく宣伝されているのに、上映している映画館が意外と少なくて。

原作を読まずに見ましたが、期待をすごく裏切ってきました。

なんだこの軽さは。と。

コントですか?という感じ。

まるで彰義隊をあざ笑うかのようで。

まあ、新しいといったら新しい感覚というか、
幕末を描くものって、多くのものは、
薩長など新政府側は、勇ましくかっこよく、彼らのおかげで今の日本があるんだ!すごい活躍だったんだ!と描かれがちで、一方の佐幕側、旧幕府軍と言われる人たち、例えば会津とか、白虎隊や新撰組やそれこそ彰義隊などは、悲劇のヒーロー、お涙ちょうだいか、なんて愚かな人たちだったのか、というような描かれ方が多い気がします。
そういうものが多い中で、この「合葬」は、お涙ちょうだいではないし、かといって新政府の人たちを勇ましく描いているわけでもない。あくまで目線は主人公の3人の若者から外れず、彼らの日常の中に彰義隊が、幕末が、維新といわれているものが、いやそんなにちゃんとした区切りというのは存在していなくて、ただ日々を過ごす中で、気づいたら時代の大きな転換期に飲み込まれていた、みたいな。


時代は150年くらい前の話ですが、そこに描かれている若者は、現代の若者のなんら変わりがない。目の前にあるのは、自分は何かの役に立ちたい、他者に認められたいという自己顕示欲と、世の中のことをちょっと議論していると何者かになれた気でいられて、ほかのやつとは違うんだぜ、という優越感と、かわいい子にモテたいという欲で、今の若者(私含め)とまったく同じ。


そういう、幕末って名前だけでなんだかかっこいいし、現代とは全く別世界の話のような気がするけど、今となんにも変わらないんだよ~ということを、自然と描けるのが杉浦さんのすごいところなのではないかと思うんです。
だから、拍子抜けしたというか、期待がはずれたというか。

 

でも、噛めば噛むほど味のでるするめのような、いろいろと思考してみればするほどおもしろさがわかってくるようなものなのではないかと思います。

 

幕末や明治初期の、こういう描かれ方、私は好きです。
薩摩の誰それとか長州の誰それとか、すごいスーパーヒーローみたいに描かれることが多いですが、実際はもっと人間的だったと思いますし、そもそも戊辰戦争とか、内戦なわけで、多くの罪のない命が失われているわけで、本来はこんなに英雄扱いされるべき存在じゃないとおもうんですよね。
時代が大きく変わるには、そのくらいの犠牲は必要だったんだよ、などとおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、そんなこと言っていたら、近代化のために市民の犠牲は仕方ないと公言しているようなもの。
まあそれがお偉いさんたちの“常識”なのかもしれませんが。

 

だからこそ、そこまでの犠牲を強いてまでも目指そうとした国とはどんな国なのか、戊辰戦争を回避する方法はなかったのか、などなど、次から次へと知りたいことが溢れてくるほど魅力的な時代でもあるのですが。

 

時代が
「お前は右か左か、どちらだ。態度で示せ!」
なんて迫ってきて、
よくわからないけどなんとなくこっちかな~って思って行って、
気づいたらお偉いさんたちに逆らえない状況になっていて、
周りの友人たちもお偉いさんたちの適当な言い分に鼓舞されて舞い上がって、
結局わけのわからぬまま、散っていく。

近い将来、この国で容易に起こりそうな姿だなって思いました。

 

「お前はなんのために生きる?」

なんてことをきかれて、
攘夷か?尊王か?開国か?と迫られて、
自分の立場を示さなければいけない時代だったのかもしれないし、
忠君の精神とか、武士たるものはその心、という感じで育ってきたのかはわからないけど、お家のため、主君のためにならこのお命、という考えがたぶんあって、彼らは彼らなりに考えたのかもしれないし、ただ舞い上がっていただけなのかもしれないし、最初から勝てないってわかっていたけど、男に二言はないって思って無理やり自分の気持ちを鼓舞させていたのかもしれないけど、それでそういう一途な姿ってかっこいいと思われていた時代なのかもしれないけど(実際、極(演:柳楽優弥)はモテモテだったけれども)、私は、そんな思いつめなくてもいいんじゃない?というメッセージを最後受け取りました。

 

今でも生きる意味とか考えたりしますが、そんな深刻に考えなくてもいいんじゃない?って、まあ考えてもいいけど、もうこれしかない!なんて決めつけなくていいんじゃない?って、言われているような気がしました。

 

つらいこともあるけど、命さえあれば、そのうちいいことがめぐってくる。
そしてまたくるしいことがやってきたとしても、生きてさえいれば、
またうれしいことがきっとある。
つらいこともいいことも、くるしいこともうれしいことも、
命があるからこそめぐりあえること。
そう思って、どんなときでもどーんと構えて、
ぜんぶを大事にできたらいいな。

 

なんてことを思った、思えた映画でした。