むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

2019/2020

あけましておめでとうございます。

晦日はお休みだったのでおせちを作り紅白を見て年越しそばを食べましたが、初めてだらだらしないお正月を過ごし、やっぱりお正月はだらだらしたい、3日くらいまではお正月番組をぼーっと見たい、と思った、2019/2020お正月でしたが、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか。


2019年は、「プライド」に始まり「グランメゾン」に終わるという、キムタクイヤーでした。

キムタクはやっぱり別格ですね。


あとは、

「何のために生まれて

何をしてよろこぶ

わからないまま終わる

そんなのは嫌だ」

「もし自信をなくして

くじけそうになったら

いいことだけいいことだけ

思い出せ」

という、やなせたかし氏の言葉にも励まされた年でした。

ほんと、素敵な言葉だと思います。


2019年は、大切な人の特別な時間に立ち会えることが多く、結婚のふた文字が現実味を帯びて(ようやく)目の前に現れて(ようやく)焦りを感じ始めたり、フィリピンに行ったり、backnumberのアリーナツアーがあったり、何より一番は、向こう3年ほど地に足をつけて暮らす場所にめぐりあえたことでしょうか。本格的な寒さが近づいてきて、怯えている今日この頃ですが。


2020年は、

できること"を増やす1年

にしたいと思っています。

運転免許を取って、料理をちゃんとして、英語もちゃんとして、本を読んで、文章を書く仕事がしたいという思いにちゃんと向き合って。

年末にゴスペルを聴いて、「全力で生きてる?生ききってる?」と問われたような気がして、勝手に制限かけて穏やかに生きようとしていた自分にハッと気づかされました。そんな毎日にうすうす物足りなさを感じたりもしていましたが。

地に足をつけながら、冒険心を忘れず、謙虚であることを大事にしながら、ワクワクすることには果敢にとびつけるような心持ちを忘れず、体調管理をちゃんとする、そんな1年を過ごしたいと思います。


2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。

皆さまにとっても、素敵な1年になりますように。


さとうみき