むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

【メモ】宿とか「石山離宮 五足のくつ」(熊本県天草市)

-----
メモ。
”地域文化に根づいた宿”に泊まりたい。
”その土地らしさ”を味わいたい。
近いうちに行く。
-----

「石山離宮 五足のくつ」

九州 熊本 天草の旅館 下田温泉 露天風呂付 離れの宿|五足のくつ公式HP

場所:熊本県天草市

名前の由来:
”1907(明治40)年の夏、九州を旅した五人の若き詩人、与謝野鉄幹北原白秋吉井勇、木下杢太郎、平野万里の紀行文「五足の靴」にちなむ。彼らが歩いたルートが、五足のくつの敷地を通っている。”
(引用:「日本旅館進化論/著山口由美/光文社」p.297)

 

コンセプト:
「九州でも日本でもない、アジアの中の天草」

”九州や日本ではなく、アジアの中に天草を位置付けて俯瞰する、その視点で生まれた宿という意味。
ヴィラA、B「オールド天草」と「ニュー(未来の)天草」
ヴィラC「キリスト教が伝来した中世の天草」
実際、ヴィラCのテーマになった時代、天草からは遠くバチカンまで天正少年使節団が派遣されたのであり、文字通り、アジアの中の天草と位置づけられていた歴史があった。”

(引用:「日本旅館進化論/著山口由美/光文社」p.297)

 

やりたいこと
・2泊する
・「五足の靴」を読む
隠れキリシタンの文化、人々の暮らしに思いを馳せる