むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

【38】実家は、心から落ち着ける場所

実家は、心から落ち着ける場所です。
生まれたときからずっとそこで暮らしてきたので、実家に帰ると、体が反応します。
すごいパワーだと思います。実家パワー。


そんな心地の良い場所を、自ら出る理由。


私の実家は東京や横浜などからも1時間ほどで行ける距離なので、働くという目的では、実家からも通えます。
でも、私は実家から通勤はしません。
(前はしていましたが、あまり自分にとって良くないということを学びました)


ではなぜ出るか。
それは、本当に大切なことを忘れないためだ、と最近思うようになりました。
失ってからはじめて気づく大切さ、というのはよく聞く話ですが、まあそんな感じです。


目の前にあると、当たり前になると、だんだんと大切なことが曇ってきてしまう。
そして、失ってはいけないものを手放してしまう。
そして、悔やんでももうどうしようもなくなってしまう。
ちょっとくらい欠けていて、手に入れたくても手に入れられなくて、想いを馳せる、くらいの距離が、ちょうどいいような気がするのです。
ちょっと寂しかったり切なかったりするときもありますが、その気持ちもそっと抱きしめて、また前を向く。
そうすると、ちょっとだけ強くなれたような、ちょっとだけ優しくなれたような、そんな気がするのです。


でも、いつか、素直に、こんな複雑なことをしなくても、大切にしたいものを、目の前で大切にし続けられるようになりたい。そう思います。