むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

【25】行ってみたい時代

8/25(土)のbe新聞。朝日新聞に土曜日についてくるやつ。

beランキングのコーナー。
「行ってみたい時代」

条件

「どんな時代へ行っても、命の危険はなく、無事に現在に戻ってこられるものとします」

 

ランキングは以下の通りでした

1.高度経済成長期(1955~73)
2.バブル期(1987~91)
3.平安時代(794~1185)
4.幕末(1853~68)
5.江戸後期(18世紀初頭~1853)
6.安定成長期(1974~80年代半ば)
7.飛鳥時代(592~710)
8.江戸前期(1603~18世紀初頭)
9.奈良時代(710~94)
10.明治前期(1868~89)

(全26時代より)

 

1.2位を選んだ人の声として紹介されていたもの

「今の破滅手前の時代と比べると明らかにまし。帰りたい」(59歳)
「真面目に働けば、誰でも将来設計を語れた時代だった」(77歳)

破滅手前って。
今の時代も、将来設計語れると思うけどなあ。

今の時代を表現するときによく使われる言葉ってあると思うんです、”時代の閉塞感”とか”失われた20年”とか。
それと比較して、あの頃は輝いていた、みたいな。

でもそれって、”あの頃の輝いていた”時代が基準としての視点であって、”あの頃”を知らない我々失われた20年世代としては、今が輝いていないとか失われているとか、まったく思わないんですよね。

あの輝きをもう一度!とか、昭和は輝いていた!とか、あの頃はよかった!とか、思っていただく分にはご自由にどうぞ、と思いますが、それを、強要しようとしたり、比較対象としてだから今の若者は、と言ったりするのは、心の底から辞めていただきたいと思っています。

こんな時代にしたのはあなた方上の世代の人たちのせいですよ!
なんてことは言いません。
行ったところでキリないし。

でも、今を必死に、生きようと、もがこうとしている人たちに向かって、もう何やったってムダだよ、ダメなもんはダメ、どうせ破滅する、なんてことは、お願いします辞めてください。
昭和が良かったなあと思っていらっしゃる方々は、身内で、盛り上がるなり思いを馳せるなり今を悲観するなりしてください。

ゆとりだってさとりだって、ちゃんと生きています。
日本は、世界は、これからもっともっと良くなっていくと、私は信じています。

ちょっと、吐き出してみました。

 

ちなみに私だったら、

明治前期(1868~89) (10位)
明治後期(1889~1912) (17位)
大正時代(1912~26) (12位)
江戸前期(1603~18世紀初頭) (8位)
江戸後期(18世紀初頭~1853) (5位)

ですかね~。

明治前期は、藩・武士など今まで当たり前だった価値観が、あ、もうその価値観違うから。早く捨ててその考え。って今まで信じてきたものが強制的に奪われて、今まで見たこともない文化がどんどん入ってきて、きっと人々は相当混乱したと思うんです。その混乱の様子とか、その中で人々がどのように生きたのかとか、知りたいです。

明治後期、大正時代はその延長で、混乱から安定した時代になって、新たな文化も花開いて、楽しかったと思うんです。その中での、日清、日露戦争から、日中戦争へ向かう不穏な流れが、当時の人々の間でどのくらいの感覚だったのか、ということを知りたいです。
やっぱり似ていると思うんですよね~今の時代と。

江戸時代は、その頃の暮らしを体験してみたいです。できれば、各藩を旅して、藩の違いを知りたいです。

 

タイムスリップはできないので、本なり映画なりドラマなりで、その時代の空気を感じながら、頭の中でタイムスリップして、楽しみたいと思います。