むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

【1】やっぱり、定期的に外国に行きたい、と思った話

8月1日から6日まで、シンガポールに行ってきました。
後輩が4人、シンガポールに住んでいるので、彼ら彼女らに会いに。

外国は、実は4年ぶりでした。
最後に行ったのが、2014年2月、渡航先はカンボジアでした。

海外渡航歴は
①2011年2月:カンボジア(初海外)
②2011年9月:タンザニア(初アフリカ大陸)
③2012年8月:ザンビア
④2014年2月:カンボジア
⑤2018年8月:シンガポール※今回

ちなみに、①~③は、スタディツアーといって、観光半分勉強半分という具合のツアーでしたので、基本は団体行動。

④が初めての旅行。友達と二人で行きました。

そして⑤今回は、シンガポールに知り合いはいましたが、行き帰りはひとり行動。
半ひとり旅、といったところでしょうか。

この話をすると、だいたい驚かれます。
どうやら、旅慣れている感をかもし出しているようで。

それで、今回4年ぶりの外国だったんです。
シンガポールはとても綺麗で治安もよい国で、心配することはほとんどありませんでした。
それでも、ふだん過ごしている環境とは異なる環境に身を置くことで、ああ結構凝り固まっていたんだなあ私、ということを実感することができました。

一番好きな国は、日本です。今のところ。
きっとこれは変わらないと思います。
帰る場所といいますか、安心できる場所といいますか。
なので、外国に永住する、ということはあまり考えていないのですが(今は)、定期的に、できれば少し長い時間、外国に行くことは続けていきたいなと、再確認できた今回の旅でした。

このタイミングで外国に行くことができて、本当によかったと思っています。