むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

旅館で働いていて面白いなと思うとき

私、旅館で働いております。
仲居をやっております。

仲居
1 旅館や料亭などで客の接待をする女性。
2 近世、幕府の大奥や大名屋敷などに仕える女性の詰めていた部屋。また、そこに詰めた女性。お仲居。御末 (おすえ) 。
3 近世、武家や商家の上女中と下女中との中間に使われた女性。中通りの女。
(goo辞書)

 

部屋の掃除をしていたら、こんなことが書いてあるメモが出てきました。(いつ書いたのだろうか)

 

「旅館で働いていて面白いなと思うとき」

・歴史を感じられるとき
・歴史を知ることができるとき
・その価値を伝えることができるとき
・チームワークで一つのこと=お客様の満足を目指しているとき、一体感を感じられるとき
・よりよくしよう、と改善されるとき
・正解のないことをどうしたら最適か考えるとき
・新しく知り合った人と一歩踏み込んだ話ができたとき
・仲間意識が生まれたとき
・頼りにされているという感覚になれたとき
・新しい仕事を覚えるとき
・この人は何を求めているのだろうか、と思案するとき

 

ふむふむ。

 

私が仲居の仕事をするようになったのは、たまたまというか流れというか。特に、やりたい!!と思ってなったわけではありません。
まだ日も浅いです(計1年ほど)。

 

接客業は、高校の頃のスーパーのレジ、大学生の頃、歌舞伎町のスナック、大学卒業後、中途で着付け教室の運営スタッフ。
シェアオフィスの運営も、一応接客業でしょうか。
それ以外は、WEBサイトを作る仕事を少し。
留まりませんねー。笑

 

仲居の仕事は、最初は新潟県佐渡島にて。そして今が、長野県の湯田中にて。2ヵ所目です。
場所は変わりましたが、職種の歴でいうと今の職業が一番長くやっていますね!(今気づきました)

 

結果、長くやっている、ということにはいくつかの理由があると思うのですが、
「\もうこの仕事最高!!/」
「\天職だ/」
と思っているかといわれると、うーん、というところです。

 

朝早起きはしんどいです、8時間くらい寝たい~と思いますし、夏場は暑くて汗だくでしんどいですし、もうすぐお客様ご到着されます、というときは緊張で吐きそうになりますし。
でも、これが自分でも不思議だなあと思うところなのですが、お客様を目の前にすると、さっきまでの緊張も、あ今日しんどいな~体調悪いかも~と思っていたことも、気づいたらきれいさっぱり消えているのです。
この方は、何を求めていらっしゃるかな、と思案して、こうかな、と思ってやってみて、それで笑顔になってくださったときには、もうテンション最高潮です。
あれ、違ったかな、というときは、ちょっとテンション下がりますが、じゃあ次はこうしてみよう、とめげずにやってみて、そうして気づいたら、あらもう今日の仕事終わり、という感じで。
ただ、お客様を見送ったあとに、さっきまで忘れていた疲れがどっと出てくるのがネックなところなのですが。笑

 

接客業のいいところはもう1つ。
それは、常に笑顔でテンションを上げている必要があるので、たとえばちょっと嫌なことがあったり気分が上がらなかったりするときでも、とりあえず、無理くりでも笑顔をつくると、あら不思議。
笑顔の力ってすごいですねー。
楽しく1日を終えることができるのです。
あと、笑顔でいてお客様と色々とお話しすると表情筋をよく動かすので、丸顔の私にはいいトレーニングになっています♩
ほぼ動いているので運動不足の解消にも繋がりますし、一石二鳥♩

 

それと、比較的自由な時間を多く持てる、という部分も、私にとっては大事なポイントだったりします。
住み込みなので通勤時間3分!
朝も夜も仕事があっても、昼間の時間は約5時間自由時間!

 

以前、いわゆるOLをしていたときは、通勤時間1時間ちょっとで、平日週5、8時間勤務。仕事終わって帰ってからは、ご飯食べて食休みして、お風呂入って、眠る。仕事終わってから遊びに出かけたりしているアクティブ人もいますが、私の場合は平日は何もする気が起きませんでした。根は出不精なのだと思います。
でも、やりたいこと行きたいところ見たいもの読みたいもの知りたいことは次から次へと出てきて、たまる一方…。
それなのに、土日はいっぱい眠れる~と思って昼頃まで。いつまででも寝てていいよと言われたら、24時間眠れる人間です。
まあ自分がちょっと気合いを入れたらよくなっていたのかもしれないのですが、弱いんですよね~自分。ついつい楽な方にいきたがる。
で、山ほど溜まっていくものと、なにもしていない自分と、周りのやりたいことやってキラキラしている人たちと、そうしたものに飲み込まれて、嫌気がさして、自信を失って…(以下略)

 

今は、こうして何かについて文章を書いて自分の思考を整理する時間も取れますし、気になることを調べる時間も、本を読む時間も、写真を撮る時間も、映画を観る時間も、観光地に行く時間も、美味しいごはんを食べる時間も、お休みの日ではなくても、さくっと行って帰って、仕事~みたいな。

 

デメリットというか懸念点というか、は、以下の3点くらいでしょうか。
1.(気にする人は)収入はまあ高くはないところ、貯まるけどね
2.(気にする人は)正社員じゃないというところ
3.体力勝負なところ

 

私はリゾートバイトに特化した派遣会社経由で働いています。
なので雇用形態的には「非正規雇用」「派遣」というところです。
希望の期間を伝えて、働いて、期間が終わったら、また別のところに行って働きます(延長もあり)。
だいたい時給制です。1000円前後が多いでしょうか。(経験にもよる)
月にどれくらい稼げるか、というのは職場次第。
ボーナスはもちろんないですし、残業代や深夜手当はありますがこちらも職場によりけり。(チップはもらえるところもあります)
なので、ふつうに、都心などでOLしている方がたぶん収入は多いと思います。
ただ、支出面は都心にいるときに比べてだいぶ抑えられます。住み込みなので生活面での費用はかかりませんし、使わないという努力をすれば、たぶん1円も使わなくても生きられると思います(極論)。
なので、結果貯金はできます◎

あとはやはりつねに立ちっぱなし動きっぱなしなので、そこが無理~という方はしんどいと思います。

 

そんなところでしょうか。

 

この先はどうなるかわかりませんが、とりあえず今は、毎日ほぼストレスフリーで心地よく生活できています。(この部分は私にとって結構重要だったりします)

 

さて。仕事行ってきます。