むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

201401-07のときに書いていたブログを読み返して思ったこと

こっちのブログは文章がメインなのですが、最近、写真メインのブログもはじめていました。

tumblerを使っていたのですが、アップロードの速度が遅くて遅くて。エラーも多くて。
ちょっとなあ…と思っていたのです。

tumblerに決める前に、JUGEMもいいな、と悩んでいました。
けれどもJUGEMは201401-07の間、ブログで使っていて、まあたいしたことは書いていないのですが、たまーに、すごくたまーに、読み返して、ああこのときこんなこと考えていたのかあ、ああ結構病んでたなあ(苦笑)、結構アップアップだったんだなあ(苦笑)、でもなんだかんだ考えていいこと書いているじゃん、とか思っていたのです。
そのブログをリセットして、新しくするのもいいけど、うーん、とりあえずtumblerにしてみよう、という流れだったのですが、tumblerはあまり使えないということが分かったので(わたしには合わなかった)、今回JUGEMに切り替えることにしました。

それで、最後にもう一度、残しておきたい文章はないかなあと201401-07のブログを読み返してみました。

本当に、たいしたことは書いていなくて(笑)、ただ1つだけ、こんなことを書いていたんだなあと思ったものをコピペしました。

 

大学のゼミの先輩と話していたときのこと。

話の中で印象に残ったことは、

「なにをやりたいかではなくて、どう生きたいかが大切だと思う」

ということ。
内容はこんなかんじ。

”やりたいこと”というのは、手段でしかないと思う。
”どう生きたいか、どうありたいか、どんなことを実現したいか”の手段でしかない。
根本にあるのは、後者であるはず。
後者があっての、前者であるはず。
後者がわかっている人は、強いしぶれない。
逆に、前者にばかりとらわれていてはいつまでたっても後者にはたどりつけない。
就活で、前者にばかり気を取られていると、ミスマッチが起こったり、結局なにやりたいかわかんなーい、やーめた、となったりする。
だから、やりたいことを1つに絞る必要性はない。
というかそれはきっとできないと思う。
もしいまやりたいことがたくさんあるならば、それを全部あらいだして、
それらに共通することはなになのかということを深くほっていくと、
”どうありたいか、どう生きたいか、何を実現したいか”が見えてくると思う。

以上。

 

 

なんか最近、ようやくこの意味を、体で理解することができたなあと、府に落とすことができたなあと、思っていた矢先のこの文章だったので、成長したなあ私。と思いました。

このときは、頭ではわかるけれど、難しいなあ…と思っていました。たしか。

まあ人それぞれ考え方は違うと思いますが、私は、「どう生きたいか」がやっぱり一番大事なんだと思います。行動指針として。

それ考えつづけてきて、最近ようやく、少しずつではありますが、この道を歩いて行ったら、少しずつ理想に近づける、という道を歩けるようになった気がしています。

ありがとうこの3年間。