むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

20代(女)が思ったことをつらつらと書いていくブログです

佐渡に来てから1ヶ月が経ちました

着いてから1週間くらいは、自分でもびっくりするくらいのホームシック、というより、気が許せてなんでも話せて可愛がってくれる人たちシックの寂しさと、去年の思い出がいたるところにちりばめられていて、その懐かしさともどかしさと何かとなにかに押しつぶされそうになって、とりあえずひたすらテレビにすがって精神を安定させていましたが、それも1週間をすぎるとだんだんと心地よさに変わっていって、今ではテレビはただの置物になっています。

 

仕事は、内容は前にやっていたことと全く同じことですがなんだかんだ半年ぶりだし大丈夫かな、と結構不安に思っていましたが、人間の能力ってすごいんですね、体が覚えていました。けれど接客は、半年の間はじめましての人に笑顔をつくる機会がまったくなかったので、ちゃんと笑えるかしらと不安でしたが、こちらも問題なくスイッチオンできました。

 

去年は佐渡に来たのが夏の忙しくなるちょっと前の時期だったのですが、今回はまだまだ少ない方で、かつ働いている人たちが皆さん穏やかでいい人たちばかりなので、全体的にゆるりとした時間が流れているような気がします。
仕事に関しては一通りわかっていて、もう新しく覚えることがないという自分自身の心のゆとり的なものも関係しているのかもしれませんが。

 

仕事の手順で頭がいっぱいになるなんてことはもうないので、お客さんとの会話が楽しみのひとつになっています。
佐渡の人なんですか?
いいえ、違うんです。神奈川から来ているんです。
ええ!またそんな都会から。どうして?
島で暮らしてみたいなと思いまして。
いいわよね~島。
みたいな会話はよくします。
聞かれて答えに困ることは、
おすすめの場所は?
おすすめのごはんは?
雨の日でも楽しめるところは?
など。

おすすめは?全部です。笑

 

夏に比べて比較的休みも多いので、休みの日はカメラを持って散策に行きます。
実家にいるときは眠れる時間があればあるだけ寝ていたのに、今は、休みの日を睡眠に使ってしまうのはもったいない、と心から思うようになりました。
人間って環境によって変化する生き物なんですね。すばらしい。

 

春の佐渡はたのしくてたのしくて。
ソメイヨシノからはじまり、八重桜や遅咲きの桜に山桜。
道ばたには色とりどりの可愛いかわいいお花たちがたくさん咲いています。

 

今私が働いているところは相川というところで、佐渡金山で栄えた街なのですが、その頃の様子が伝わってくるような街並みやお寺や神社や建物やいろいろがいたるところに残っていて、ただ歩いているだけでも本当にわくわくするのです。
佐渡全体も同じで、日蓮世阿弥上皇やそうした人たちが流されてきた島でもあるので、何気ないところにぽつんと、すごく歴史のあるものがあったりします。
古くて、その頃の人たちの暮らしや息づかいや想いなどを感じることができるものが大好きな私にとっては、本当に最高の場所です。パラダイス。

 

他にも、古民家を改装したミニシアターやカフェや蕎麦と懐石料理のお店や居酒屋や、その空間にいるだけで幸せな気持ちになれるところがたくさんあって、たまらないです。パラダイス。

 

佐渡に住む、私がひそかに憧れていた、すごく素敵な写真を撮る方(前回佐渡に来たときに奇跡の出会いを果たせた人。詳しくは↓

goo.gl

に、よくいろいろなところに連れて行ってもらっているのですが、連れて行ってもらうところすべてが本当に魅力的なところで、改めて本当に、あのときの出会いに感謝です。感謝してもしきれないくらい、感謝です。ありがとう出会いの神様仏様。

 

その方にこの前、「図書館ってないんですか?」「ありますよ」図書館の存在を知りました。
こぢんまりとした図書館でしたが、佐渡の郷土に関する書籍はたくさんあり、他にも読みたいと思っていたけれど手を付けられていなかった書籍(漫画)たちが結構あり、柳田国男とか1Q84とか吾輩は猫であるとか火の鳥とかブッダとか、夏はここに籠ってしまうなと確信しました。

 

もうそろそろ、蜂が元気に飛び回る時期です。
そうなると、ふらっと散策ができなくなります。
いや、蜂は何もしなければ何もしてこないので特に問題はないのですが、あの音が苦手なんです、本当に。
耳元でなっただけで、ひえっ、となって、何にも集中できなくなってしまうのです。
なので蜂が活動的になる前に、そして暑くなる前に(東京は30℃だとニュースでやっていて驚きました。そういえば前に着物を着ていたときに、まだ5月だから袷だけれどもう暑くて無理よね~というような話をしていたことを思い出しました。佐渡はまだ長袖です。朝晩はまだひんやりします。曇りや雨の日は日中でも肌寒いです)歩きたいところを歩いて、蜂が元気になってきたら、図書館にこもって佐渡に関する本を読み漁りたいと思っています。こちらも楽しみ。

 

それから、大学2年生の頃、タンザニアに行く前に購入した一眼レフを4~5年眠らせたままだったのですが、去年の秋くらいにゆすり起こしまして、休みの日はほぼ毎日撮り歩いています。

写真はFB(とインスタグラム)に随時アップしていたのですが、うーん、なんかなあ、と思い、この度、写真をメインにしたブログをはじめることにしました。
よろしければ、ひまつぶしにでもご覧ください。

mitoooomo.tumblr.com

 

この前のゴールデンウイークに、大好きな友人が、お似合いの彼氏と一緒に佐渡に遊びに来てくれました。
一緒にいられた時間はちょっとでしたが、本当に楽しい時間でした。
会える日の一週間くらい前から毎日、想像してはにやにやして、顔を見られた瞬間は本当に嬉しくて、お別れのときは本当にさびしくて泣きそうになりました。帰ったら会いに行くから!

 

お別れはさびしいですけれども、会えると思うとそれだけで嬉しくて幸せな気持ちになれます。

 

ということで、佐渡でお待ちしております。
6月はイワユリやカンゾウ、他にもいろいろな花が咲き乱れ、相川ではお祭りがあり、歴史を感じる古い能舞台での薪能も開催されます。
7月、8月は海水浴シーズン。薪能に花火にアースセレブレーション。満天の星空と天の川。
秋は紅葉。

 

佐渡でお待ちしております。