読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

20代(女)が思ったことをつらつらと書いていくブログです

野外で映画=わくわく。ねぶくろシネマ@みなとみらい

今日は、みなとみらいのオフィスのエントランスで映画を観てきました。

オフィスの入口に座って、ブランケットをかけて、あたたかい飲み物を飲みながら。

f:id:mitoooomo:20170219144233j:plain

 

観た映画は、「幸せのレシピ
きゅんきゅんするステキな映画でした。

 

オフィスのエントランスで映画???
映画は映画館で観るものじゃないの???

 

答えは、こちらです。

f:id:mitoooomo:20170219144307j:plain

ねぶくろシネマ

www.nebukurocinema.com

調布市は、古くから市内に映画の撮影所を複数有することから「映画のまち」と宣言してきた。
しかし、実際市内には映画を観る環境が少なく市民にも「映画のまち」という実感はない。
今回イベントの主催でもあるパッチワークスが開催した「調布を面白がるバー」という
調布市民と市役所のブレスト会議では、映画を気軽に観られる環境を用意することが
「映画のまち」に相応しいのでは…との意見が集まった。
一方で、調布の人口は30〜40歳代のファミリー世帯が多い。
そんなファミリー層が気兼ねなく映画を観られる環境を用意したい。
幸い調布には多摩川や野川など自然環境が豊か。
その環境を生かしたオリジナリティの高い映画の鑑賞方法を実現できないだろうか。
そして生まれたのが「ねぶくろシネマ」である。
(http://www.nebukurocinema.com/より)

 

私のねぶくろシネマ体験は、2回目。
1回目は、藤沢にある湘南T-SITE内"CAR LIFE LAB"にて、「スタンドバイミー」を観ました。

 

前回も、今回も、最高でした。

 

野外で映画。
だいすきです。
無条件に、わくわくします。

 

野外で映画。
デビューは、実は高校2年(か3年)の夏でした。
当時通っていた高校の中庭にスクリーンをはって、
包帯クラブ」という映画を観ました。

自分でスクリーンをはって観た、というわけでは決してなく、
高校の先生の粋な?計らいでした。

そのとき高校は何十周年かの記念の年で、先生は、それに合わせてなにかやりたいと思っていたようです。
そんなとき、王様のブランチというTBSの番組で、「包帯クラブ」を上映しませんか、という募集があったそうなのです。
そこで応募したところ、なんと、見事、わが校が当選した、というオチで。

包帯クラブ」は、高校生が主役で、青春の悩みや葛藤のようなものが描かれている作品なので、実際に今の高校生はどんな風に生きているのだろうか、という生の声を聞く座談会のようなものも開催されましたし、そういう趣旨があって、高校での開催だったような記憶があります。

 

[王様のブランチ 包帯クラブ 高校]
とグーグル先生に聞いてみたところ、こんなURLを発見しました。

www.chikumashobo.co.jp

9月1日は「王様のブランチ」は11:00から約1時間、「本コーナー」はお休みです。ただし、「映画コーナー特別編」として「『包帯クラブ』in大磯高校」をお送りします。これは、谷原章介さんが大磯高校を訪れ、高校生たちと話し合い、映画「包帯クラブ」を中庭に設営したスクリーンで上映し、彼らの感想を聞くというドキュメントです。
(サイト内より引用)

 

そのとき印象に残っていたことは、

  • 谷原章介さんの隣の隣に座って座談会に参加できたこと
  • LiLiCoさんの司会進行がなんだかすごくかっこよくて見惚れていたこと
  • 星空の下、でっかいスクリーン広げて、今この瞬間、大勢で1つのストーリーを共有できているということがなんだかすごいなって思ったこと

くらいで、「包帯クラブ」の内容は正直まったく記憶にありませんでした…。

 

でも、最近観直して、なんだこれめちゃめちゃいい映画じゃないか!あのとき出会えてほんとよかった~と思えたので、その感想よろしければ。

mitoooomo.me

 

このときの体験、私の中で実は結構おおきいのかもしれません。

 

その後、大学生のときに、
カンボジアの農村部で映画上映をしている団体に出会えたり、

World Theater Project - NPO法人 CATiC

 

逗子の海岸で映画を観たり、

Zushi Beach Film Festival -逗子海岸映画祭 –

 

ねぶくろシネマを知ったり。

 

映画って、内容はもちろん大事ですけれど、誰と観るかというのも大事ですし、どこで観るか、とか、ただ観て終わり、ではなくて、いかようにもおもしろくできるというか、いくらでも広げられるというか。

 

とにかく私は、あの空間が、あのひとときが、だいすきなんです。

 

次回の開催、楽しみです。