読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

20代(女)が思ったことをつらつらと書いていくブログです

開運厄除け川崎大師

寺社仏閣

2017年、最初のお寺詣。

 

行ってきました、川崎大師。

神奈川県民にして、25歳を目前にして、初の川崎大師。

正しい名称は、真言宗智山派金剛山金乗院平間寺

 

4日だけど、川崎大師だから混んでるよなあ~

と思いながら川崎大師駅下車。

 

参道の入口には人人人!

やっぱり…。

覚悟はしていたけれどやっぱり人混みは好きじゃない。

 

でしたが、参道の入口がちょっと狭くなっていたり手前に信号があったりで人の流れが滞っていただけのようで、いざ進み始めると、思ったほどでもなく、するする~と進んでいけました。

 

参道に並ぶ出店は賑やか。

お正月!って感じですね。もう4日ですが。

 

山門の前から、入場制限。

「しばらくお待ちください」と「ゆっくりお進みください」の表裏プラカードと、DJポリス。

お参りの入場制限は人生初体験。

境内が混雑しないような仕組みのようで、おかげでお賽銭を後ろから投げるなんてことせず、心穏やかにお参りすることができましたが、それにしてもお寺の境内にプラカードとホイッスルって、なんだか不思議な光景でした。

 

大本堂の御本尊、厄除け弘法大師様には、開運のお願い。

 

そして、不動堂のご不動様には、厄除けのお願い(彼の。笑)。

不動堂は中に入ることができて、ご不動様を拝むことができました。

かっこいい。

 

不動堂からでて靴を履いたとき、彼がなにやら右足を気にする様子。

どうしたの?と聞いたら、なんかぷつって音がした気がした。って。

 

さっそくご不動様のご利益?!

 

かはわかりませんが、お参りできて一安心。

 

お参りが終わったところで、おみくじ。

末吉でした。

進む道は険しいらしく、無理に進むと災いが身にふりかかけれども、

大師様にご加護をお願いすれば、厄災は逃れることができる、とのこと。

ちなみに、

職業:今直ちに新規の事に入るは不可なり

って。

どうしましょ。笑

まあおみくじはあくまでおみくじ!

 

気を取り直して、境内の屋台メシ。

屋台メシってなんでこんなに美味しいんでしょうかね。

 

帰り道、射的を発見。

初・射的!

射的っておもしろいんですね。

子どもたちにまざって大はしゃぎ。笑

ミルキーをゲットしました。

わーい。

さっそく、開運!?

 

たのしいたのしい川崎大師詣でした。

お正月っていいな。

 

f:id:mitoooomo:20170105203449j:plain