読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

20代(女)が思ったことをつらつらと書いていくブログです

2016年最後の(生)いよりさん

CDJ1617、1日目!
行ってまいりました。


(※CDJ:カウントダウンジャパン幕張メッセで開催される年末フェス。
28日から31日の4日間開催。31日は年越し。
私は去年1516、初参戦。
年越し=コタツでぬくぬくしながら紅白を観て、除夜の鐘を聞きながら蕎麦を食べる
という固定観念が覆された記念日。
DJダイノジと一緒に、大勢で踊りながらカウントダウンをするということがいかに気持ちかを思い知った記念日。)

 

今日のお目当は、もちろん、backnumber。


他の出演者は、
miwaとかKEYTLKとかKREVAとかORANGE RANGEとかゴールデンボンバーとかナオトインティライミとか℃-uteとか上白石萌歌とかSilent Sirenとか水曜日のカンパネラとか欅坂46とかでんぱ組とかTHE ORAL CIGARETTESとかAqua Timezとかリトグリとか。


ちなみに、当日券あったそうで。笑
他の3日は即完売だったのに…。
まあまだお仕事の方いらっしゃいますもんね。
日が良くなかったということで。
かく言う私は毎日が日曜日なので、曜日感覚が麻痺しております。
イライラしないでくださいませ。笑


miwa可愛かった〜。
でもあれはきっと、自分の可愛さをわかってやってますね。
間違いない。
可愛くて声もきれいなんて、神様は不公平だ。


KEYTALK、結構激しい系ですよ〜と言われつつ、
ここで一発踊っておかないとノリきれないなあ〜と思いつつ、
興味本位で前へ。
柵の左側だったからか、思ったより激しくなくて、
たのーしく踊れました。
KEYTALK、いいな!
ベースの人イケメンだった〜。
ドラムの人かわいかった〜。
フェス楽しい系バンドですね!いい出会い。


backnumberに向け、体力回復。
CDJはいつもフードがいろいろあって、目移りしちゃう。
結局、消化に良さそうな蕎麦にしました。
(蕎麦って消化にいいんだっけ?)


KREVAのラスト2曲だけだったけど、見られて大満足。
あんまり人いなくて、遠かったけどばっちり見られました。
KREVAまじかっこいい。
まじかっこいい。
まじかっこいい。


perfumeちら見。
チョコレートディスコとか知ってる曲やってくれると、たのしい。
知らない曲でも自然と体が揺れてくる系音楽だから、たのしい。
フェスでperfume、意外といいかも。(誰目線)


終わった瞬間つめたら、めちゃめちゃ前に行けてびっくり。
結構苦戦するかと思ってスタンばってたけど、
するるる〜と進めて、びっくり。


でもまだbacknumberじゃないんです。


その前に。


ORANGE RANGE
結構激しいよ〜と言われていたKEYTALKがそうでもなかったから、
ORANGE RANGEもそんなでもないっしょ〜
とタカをくくっていた私。


ナメててすいませんでしたーーーーーー。


ORANGE RANGE、はんぱな。
激しいことはいいことなんだけどね。
たのしいから。
でも、背の低い私は結構しんどいんす。
ほんの数分でくっちゃくちゃになりました。
さすがにお目当目前にしてリタイアなんてシャレになんないので、
跳ねながら徐々に下がりつつ、激しいところと一歩引いたところの境界線にたどり着き、一安心。


ふっつーにたのしかった。
ちなみに一緒に行ったしょーちゃん(大学3年生・男)はくっちゃくちゃになりながら、最後は前から3列目を確保していました。すごい!


で、ついにお待ちかね。


詰められるところまで詰めて、前から10列目くらいかな。
結構近かった〜。
リハで寿さん(ドラム)、和也さん(ベース)出てきて、でも依与吏さん(ギターボーカル)でてこなくて、依与吏さん不在の海岸通り。
和也さんマスクして出てきて、依与吏さん出てこなかったから、風邪?!声出ないのもしかして!?とか考えてしまったけれど、そんなことはなくて一安心。
まあ若干体調悪そうだったけれど。


セトリはフェスの定番曲オンパレード!
まあそうなるよね。
君の恋人になったらとかそのドレスちょっと待ったとかアップルパイとか光の街とか歌ってくんないかなあ〜とか淡い期待していた私が馬鹿でした。はいすいません。
だってフェスだもん。そう、フェスだもん。


よかったよ、もちろん。
1曲目青い春で依与吏さんのマイクの調子が悪かったとか、
和也さんのコーラスの音とベースの音が大きすぎた気がしたこととか、
周りにbacknumberファンがいなくて、初backnumberです〜みたいな人ばっかで、私がひとりで跳ねてます浮いてますみたいな状況あったこととか、
クリスマスソングじゃなくて違う曲聴きたい〜って言いたかったこととか、
まあそんなことどうでもよくて、
とりあえず依与吏さんが歌えていて安心でした。
元気そうで、と言いたかったけど、若干疲れてる感はあったので。
そして大活躍の2016年の締めくくりを、同じ空間で過ごせたことが本当によかった。
ゆっくり休んでください。
そして2017年も、どんな表情が見られるのか、どんな曲が生まれるのか、楽しみです。


どうでもいいこと。
フェスでもライブでも行くと毎回思うのは、
フェスカップルがうらやましすぎるってこと。
激しいモッシュの中全力で彼女をかばう彼氏。
お揃いのTシャツとボーダーのアンダーシャツとリストバンドとシリコンバンドとタオルマフラー。
すてきですこと。


明日はきっと筋肉痛。