むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

七月大歌舞伎

行ってきました。
2列目の席、とって頂きました。
役者さんめっちゃ近い。
緊張感、息づかいまで伝わってくる距離感。

歌舞伎は人生二回目。
歌舞伎座は人生初。
とっても楽しかったです。

演目は
南総里見八犬伝 芳流閣の場・円塚山の場」
「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし) 見染め・源氏店」
「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」
の三幕。

まず、
南総里見八犬伝 芳流閣の場・円塚山の場」
しょっぱな、屋根の上での立廻り。アクロバティック。
中村獅童演じる犬塚信乃と、信乃を捕らえようとする捕手たちの息がぴったりで。
場面が変わり、駕籠から出てきた市川笑三郎さん演じる浜路。
所作が美しくて。駕籠から降りるときの袂の払い方とか、草履の履き方とか、
思わず見入ってしまいました。
そして最後、八犬士が揃う場面。圧巻でした。「だんまり」というようで。
ひとりひとりの所作とか動きとか表情とか見たかったけど、目は2つしかついてないからいっぺんには見られなくて。
終始きょろきょろしていました。笑
個人的にちょっと気になっている、中村歌昇さんも犬川荘助義任役で出ていたので、間近で見られてよかったです。

幕間を挟んで、二幕。
「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし) 見染め・源氏店」
市川海老蔵さん演じる与三郎と、坂東玉三郎さん演じるお富が出会って、惹かれあう場面。
おふたりの表情が妖艶で。
言葉はなくとも、お互いひとめで恋に落ちたという心がひしひしと伝わってきて、
なんだか観ているこっちまで恥ずかしくなってしまうような。
この与三郎、ある出来事があって人が変わったようになるのですが、
その変わりようも見事で。
声のトーンとか、話し方とか。
それでも、育ちの良さが垣間見えるような所作もあったりして、そこのバランスというかなんというか、さすがだなって。
終始、海老蔵さんに見惚れていました。
アドリブ的な、お遊び的なものもちょこちょこ入ってきて、
それもまたおもしろかったです。

三幕
「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」
市川猿之助さんが六役を早替わりで踊り分ける舞踊。
え、もう着替えたの?とびっくりするくらい早く出てきたり、そこからか!と予想外のところから現われたり。
舞踊も圧巻。
テンポもよくて息もピッタリで、童のときはかわいらしく、土蜘蛛の精のときは激しく大胆で、いや~すごかった。
身体能力ものすごく高いですね、歌舞伎役者さんって。
最後は、市川海老蔵さん演じる平井保昌による「押戻」。これもこれも、見事でした。

あっという間でした。大満足。
こんなにいい席は自分では取れないですが、
二階席三階席あたりで、月1くらいで観にきたいなあ。