むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

本・映画・テレビとか

あいらぶてれび

わたしはテレビがだいすきです。(突然の告白) 佐渡から実家に帰ってきてはや3ヶ月。(「佐渡」とはこちら) mitoooomo.hatenablog.com 佐渡ではびっくりするくらい、テレビとは無縁の関係でした。つけると「電波が悪いかアンテナがささってないため受信できま…

【大河ドラマ】【おんな城主直虎】井伊直虎はなぜ女城主となったのか?

大河ドラマ、「おんな城主直虎」始まりましたね。 井伊直虎がどういう人物だったのか、井伊家がどんな状況だったのか、など知識ゼロなところに、いい番組を発見! にっぽん!歴史鑑定「井伊直虎はなぜ女城主となったのか?」 (BS-TBS・2017年1月9日放送) 江…

【大河ドラマ】【おんな城主直虎】第1話「井伊谷の少女」

はじまりましたね~。直虎。 私の大河ドラマに対する愛情の深さについては、こちらをご覧ください。 mitoooomo.hatenablog.com 〇あらすじ 遠江、井伊谷(静岡県浜松市)。井伊谷を治める井伊家当主井伊直盛(演:杉本哲太)。時は戦国。井伊谷は、駿河の名門今…

真田丸ロス

2016年大河ドラマ「真田丸」 12月30日、総集編の放送がありました。 そしてついに、 終わってしまいました…。 「逃げ恥ロス」ならぬ、「真田丸ロス」 真田丸。 いやー、おもーーーーーーしろかったーーーーーー!!!! 日本史、おもしろ!って思えたきっか…

【堕落論】3.「必要」のみを求めよ

100分 de 名著、「堕落論」(著:坂口安吾)の第3回。 第1回は、「堕落論」を読み解き、第2回は、“堕落”とは何かについて読み解きました。 mitoooomo.hatenablog.com mitoooomo.hatenablog.com そして第3回は、「堕落論」のルーツともいえる「日本文化私観」(…

【堕落論】2.堕落とは何か

100分 de 名著、「堕落論」(著:坂口安吾)の第2回。 第1回の内容のまとめはこちら。 mitoooomo.hatenablog.com 堕落のすゝめ。日本人よ、日本国よ、堕落せよ。 堕落論の最後はこうしめられています。 “他人の処女でなしに自分の処女を刺殺し、自分自身の武士…

【堕落論】1.堕落のすゝめ

わたしはテレビが好きです。 テレビは子どもの教育によくないだの、目が悪くなるだの、バカになるだの、最近はなにかにつけて悪役になりがちなテレビくんですが、わたしは好きです。 もちろん、テレビを見てばっかりいたらバカになる、という意見には同感し…

これほんと、世界変わるかもって思った

Eテレ(NHK教育テレビ)の番組、『100分de名著』毎週水曜日の夜と、あと2回くらい再放送している番組。 名著と言われている本、ひとりで読み解くのはちょっとむずかしいかも~という本を、25分×4回の放送で読み解く番組。進行役はアナウンサーの武内陶子さんと…

人間はほんとうに生きがいのある原点に戻らなきゃいけない

知恵泉という番組。 先人たちの底力 知恵泉 - NHK 2016/3/8放送分。太陽の塔で日本を元気に!「岡本太郎 万博への道」 1970年(昭和45年)に大阪で開催された、日本万国博覧会の話。 総工費用7300億円。来場者数6421万人。 そのシンボル、太陽の塔を手掛けた岡…

常識を疑ってみる、というおもしろさ

「明治維新という過ち【改訂増補版】日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト」 第一刷発行:2015年1月15日 読書感想文です。 たくちゃんから「これ、好きそう」って教えてもらった本。 タイトル。かなり攻撃的です。 わたし、日本史が結構好きで、特に江戸…

大事なものさえ守れれば、右も左も関係ない、と思う

映画「合葬」を観ての感想。 合葬 : 作品情報 - 映画.com 幕末の話。彰義隊の話。薩摩・長州の側ではなく、徳川側。彰義隊とは、幕末の混乱の中で、将軍様、つまり徳川慶喜を護衛する目的で結成された隊。その存在自体が徐々に不要になっていく中、勝海舟が…

「仕事とは、趣味です」

かっこいい、と思った。涙が、こぼれた。「憧れる」って、こういう気持ちなんだって思った。 こんな気持ちになったのは、2015年2月16日放送、NHKの番組「プロフェッショナル」を見たとき。今回のプロフェッショナルは、グランドハイアット東京のコンシェルジ…

君たちはどう生きるか

「君たちはどう生きるか」読書感想文。 どんな本 1937年発行。盧溝橋事件が起きた年。太平洋戦争に向かっていっている頃。主人公コペル君が、日々の生活の中で感じたことや考えたことから、それが社会の構造とどのようにつながっているのか、また、人間が生…