むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

細く、長く

姫路の縁楽堂のような、地元の人しか知らないようなとっておきの穴場に連れて行ってくれるところ。 佐渡の万長のような、うっとりするような夕日が見えるところ。 長野のあずまや高原ホテルのような、夜警さんでも星やその場所の美しさを知っていて魅力的に…

後の世の為

Eテレの番組「ハルさんのふるカフェ系」。 古民家好きの青年が古民家カフェを訪れて、その古民家のこととか地域のこととか人々の想いとかを知る内容。 私は好きでよく観ているのですが、このときは熊本にあるカフェの回でした。 熊本といえば加藤清正。 カフ…

離れることがつながり続ける最良の方法

2020年4月21日付 朝日新聞「天声人語」 離れることがつながり続ける最良の方法 奥が深い言葉だ。

場所をつくりたい

たとえば35歳くらいで、私はどんなことをやっているイメージ? と、聞いてみた。 好きな宿を見つけて働いてるか、コミュニティーを作る仕事をしていそう。 コミュニティーを作る仕事? 行った先で面白い人と人をつなげるとか、人の集まる空間作りとか。 なる…

いつも、何度でも

しばらく、暮らしたいと思える場所に出会うこと。 ここ2.3年の旅の理由のひとつ。 海が近いこと。 できれば、海風が心地よく吹くところがいいけれど、洗濯物は外に干したい。 お日さまをいっぱいに浴びてのびのびと風に揺られている洗濯物はとても美しいと思…

やりたいこと2020ver

・奥の細道を旅する ・イザベラバードの旅を旅する ・4/17に日光詣をする ・麒麟がくるの明智光秀のようにスマホを持たずに旅をする ・太平洋戦争の戦地を旅する、「神国の残影」 ・茶道を知る ・着物をリメイクする ・文章を書いて対価を得る

旅と本

旅をするとき、その土地の歴史や気候、文化、人の想いにより深く触れたい、と思います。 できるなら、数週間、数ヶ月、欲を言えば四季を。 でもそれはなかなか難しい。理想と現実。 そんなときに、拠り所にするのが、本です。 その土地について詳しく書かれ…

暮らしたい場所、過ごしたい空間

古い建物が並ぶところ。 昔からのお豆腐屋さん、八百屋さん、お魚屋さんに歩いていけるところ。 鉄道の駅が近いところ。ローカル線。 昔からの暮らしの知恵があるところ。 美味しいお魚が食べられるところ。 洗濯物を外に干せるところ。 よく、晴れるところ…

旅したいところ

旅がしたい。 日本を、世界を知りたい。 個性的で、こだわりを持った人がいるところ。 古いものを大切にしているところ。 自然を愛し、謙虚なところ。 ここの未来はきっと素敵なんだろうなと思えるところ。 そんなところを巡って、言葉と写真で伝えたい。

2019/2020

あけましておめでとうございます。大晦日はお休みだったのでおせちを作り紅白を見て年越しそばを食べましたが、初めてだらだらしないお正月を過ごし、やっぱりお正月はだらだらしたい、3日くらいまではお正月番組をぼーっと見たい、と思った、2019/2020お正…

ほしい未来

・原子力発電所が廃墟になる未来・中東の各国がおすすめの海外旅行先として紹介されている未来・気軽に朝鮮半島を旅行できる未来・武器が不要になる未来・サッカーW杯で日本が優勝する未来・自然災害で犠牲者がひとりも出ない未来

必要なもの。(きいろいゾウ風に)

・まぶしい朝日・着心地の良いパジャマ・コーヒーのにおい・つやっつやの白米・体にしみわたるお味噌汁・時間をかけて味わいたい言葉・やさしい気持ちになれる小説・無印のノートとペン・大地のパワーをいただける食べもの・作り手の想いが伝わってくる食器…

小さな願望

古い建物で、小さな商いをやりたい。そんな小さな願望があります。 電車をおりて線路沿いを少し歩いた路地の奥に、古い建物があります。アートギャラリーと、文房具屋さんと、パン屋さんと、紅茶とコーヒーとときどきお惣菜があるお店。 パンを買って、アイ…

言葉を紡ぎたい

言葉を紡ぎたい。 自分が紡いだ言葉が、誰かの何かのきっかけになるような、価値のある文章を書きたい。 誰かの小さな想いを紡いで、その思いがちがう誰かの想いをふくらませるような、そんなきっかけになりたい。 ひとりひとりが自分の頭で考えて生きられる…

1人が紡いだ言葉が、3人が組み立てた音楽が、6人が奏でた音が、ものすごくたくさんの人の心に届いて、その1人の隣に寄り添う。 隣の席にいた女の人にも。斜め前の席で楽しそうにとびはねていた女の子にも、5列先の端の席で音楽にゆられていた男の人にも、悲…

思い描く、理想の場所

私がやりたいのは?創りたいのは?どんな場所? 宿?シェアハウス?コミュニティ? 旅するように暮らす暮らすように旅する暮らすように泊まる "暮らし"その土地の、風土、気候に合った地に足のついたむかしから続いている 農、食 体験 ドキュメンタリー映画…

「かるさ」という、うつくしさ

読書感想文。「日本人は何を考えてきたのか/著:齋藤孝」 ○どんな本日本の思想1300年の歴史を眺めて、私たちが今どのような状況にいるのかを確認するための本。 「精神の柱」とは、心を支える基盤、日本人が伝統として持っていたもの。日本人の先人の「精神…

メモ。理想の暮らしのイメージ、キーワード

メモ。 【理想の暮らしのイメージ、キーワード】自然にとけこむ木と紙でできた家百姓手仕事土の近く恵みをいただく自然と共に暮らす里山地元の祭り

【メモ】宿とか「石山離宮 五足のくつ」(熊本県天草市)

-----メモ。”地域文化に根づいた宿”に泊まりたい。”その土地らしさ”を味わいたい。近いうちに行く。----- 「石山離宮 五足のくつ」 九州 熊本 天草の旅館 下田温泉 露天風呂付 離れの宿|五足のくつ公式HP 場所:熊本県天草市 名前の由来:”1907(明治40)年の…

どんな風に生きたいか

どんな風に生きたいか。 衣、食、住。作り手のこだわりが感じられるもの、自分が語れるものだけに囲まれた生活空間。日本古来の色に囲まれた暮らし。そこに少し混ざる、エスニックな色柄。土の近く。 気になった事柄について、調べて、自分の言葉に落とし込…

私がブログを書く理由

なぜ、ブログを書くのか。 1."わかりやすい人間"になるため2.人に"伝える"という視点を持ち続けるため の2つです。 1."わかりやすい人間"になるため 「世の中の何に反応するかということでその人の生き方そのものが表現される」 という言葉が好きです。1月の…

やりたいことリスト

20190505更新 住/食/衣/職・古民家で暮らす・人が自由に出入りするようなオープンな家で暮らす・自分で食べるものを自分でつくる・文章を綴って対価を得る・日本の伝統的な染めや織りを身に纏う・宿をやる・日本の、地域の魅力の発信基地のような場所 旅・日…

フィリピンにいます

フィリピンにいます。バギオ(Baguio)という、マニラ空港からバスで6時間くらいの、標高1500mくらいの、大統領の別荘とかもある、フィリピンの中で一番安全と言われている、日本でいう軽井沢的な避暑地の、涼しくて半袖だとちょっと肌寒いかなくらいの、過ご…

人生で大切なことはすべて、back numberが教えてくれた

3月27日に約2年ぶりのアルバムが発売される。もうすぐ。アリーナツアーも始まる。楽しみだ。去年は初のドームツアーに、新曲が2曲。ドーム。私は、東京ドームの2日目と、京セラドームの2日目(つまりツアーファイナル)の2回、会いに行ってきた。ワンマン以外…

2019新年のごあいさつ

新年のごあいさつ。 2018年、上半期は、長野県湯田中。夏は、シンガポールへ。(なんと4年ぶりの海外。いろいろと人生初体験)下半期は、栃木県日光。たくさんの出会いに恵まれ、たくさんお世話になりました。ありがとうございました。 2018年出来事ベスト5は …

【65】次の休みを楽しみに、朝起きるようにはなりたくない

次の休みを楽しみに、朝起きるようにはなりたくない そんなことを、ふと思った、週の真ん中の少し後。

【64】歌詞、詩が好きな理由

ミスチルの歌詞集「Your Song」 ミスチルは、有名な曲しか知りません。有名な曲しか聞きません。持っているのは、アルバム1枚。ミスチルを聞くと、恋がしたくなります。人にちょっとだけ優しくなれるような気になります。だからときどき、無性にミスチルを聞…

【63】オールドファッション

backnumberの新曲「オールドファッション」フルver解禁でした。さっそく、聞きました。 感想。音がフクザツ。aiko化してきている。でも歌詞はbacknumber。声もbacknumber。そこが変わらないから、backnumber。音楽のこと詳しくないですが、ありきたりな、あ…

【62】ふかきあわれ

満天の星。まるでプラネタリウム。 月をこそながめなれしか星の夜ふかきあわれを今宵知りぬる 建礼門院右京大夫

【61】日曜の昼下がりの戯言

今ここにないものばかりに気を取られがちだけれど、なんだかんだ今は充実していて、休みの日の朝に洗濯をして掃除機をかけてヨギーを聴きながら風と光と揺れるゆとりもあって、天気と気分次第で、山に行こうか街に行こうか選べる贅沢もあって、むかしの人が…