むだなものを愛しつづけられる人間でありたい

たとえば誰かに手紙を書くように、何気ない出来事を綴るとしたら。

湯田中にて

湯田中。ゆだなか。長野県の上の方、上は新潟県、右は群馬県。見渡す限り、山!山!山!四方を海に囲まれた佐渡の次は、四方を山に囲まれたこの地にやってまいりました。 来てから約1週間。人間の適応能力はすごいですね。神奈川にいたときは10℃以下だと寒い…

「やりたいこと(〇〇年ver)」について

よくある、やりたいことリストです。「死ぬまでにしたい30のこと」とか、人生でやりたいことを100個リストアップしましょう、とか、そういう類のものにあやかったものです。 ”人生とは、やりたいことをやるためにあるものだ” みたいな、どなたかの言葉が好き…

会津に行かねば。「会津若松市戊辰150周年記念事業」

これ。 boshin.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp 会津に行かねば。 最近の関心ごとは、「戊辰戦争はなぜ起きたのか」ということ。武力の衝突は避けられなかったのかなあという疑問。ちょうど大河ドラマも「西郷どん」ですし。彼の考えがやっぱり気になるんで…

【メモ】あったらいいなリスト

〇一菜一汁カフェ(20171026) 〇街頭演説の日程・場所がわかるやつ(20171029) 〇夜歩くとき光るもの、持ち歩きにかさばらないもの(20171013) 〇みかんカフェ(20180123):1個1000円とかするみかんを気軽に食べ比べられるカフェ。こたつがあったら最高。あと日…

念願の「離島キッチン」神楽坂店

「離島キッチン」 聞いただけでわくわくするような名前。 神楽坂と、博多と、札幌にお店があります。 離島キッチンをはじめて知ったのは、確か、日本仕事百貨に求人が載っていたのを読んだとき。 日本仕事百貨はこちら shigoto100.com それからFBページにい…

大林宣彦監督からのメッセージ「映画は戦争を無くすことができる」

WTP(World Theater Project)の創業メンバーが集まる飲み会で、大林宣彦監督の作品「HANAGATAMI/花筐」の話になりました。 その中で、代表のさおりさんが、大林監督があるスピーチでこんなことを言ったということを聞きました。 「大林くん、人間というものは…

新春浅草歌舞伎2018

​毎年恒例となりました。(私の中で) 初歌舞伎が、2015年の新春浅草歌舞伎でした。それから、はや4回目の新春浅草歌舞伎。もうこれを観ないと、1年が始まらないような、そんな存在になりつつあります。本当は、1部2部ともに観たいのです。が、今年は2部のみ。…

思うがままに2018年

街を歩いていてふと顔をあげたら少し前に依与吏さん(backnumberのボーカル)がいて、後を追っかけて、そのあと一緒にスーパーで買い物をする、という夢が初夢でした。今年は素晴らしい年になりそうです。 少し乗り遅れて、明けましておめでとうございます。 …

【大河ドラマ2017】【おんな城主直虎】全体の感想(メモです)

最初の方は張り切って、1話1話書いていましたが、まあ続きませんでした…(笑) 1,2と5(なぜか)は1ずつ書いてあります。 さて、3話から。思ったこととか、後から思い出せるように簡単な、本当に簡単な内容とか。(たぶん、思い出せない) なぐり書きならぬなぐり…

個人的に別格だと思うFNS歌謡祭の話(2017年の興奮ポイント)

フジテレビが贈る、年に1度の音楽の祭典! 今年もやってきました、この時期。 音楽番組ってたくさんあって、どの番組も好きなのですが、中でもFNS歌謡祭は、特別。別格だと思っています、個人的に。 小学生か小学生になる前か、FNS歌謡祭を初めて観たときの…

カップリング曲「ARTIST」のPVのこと

2017年12月20日にリリースするニューシングル「瞬き」のカップリング曲「ARTIST」のミュージックビデオが公開されました。 観た感想は、「新境地!PVが。」 音楽はアップテンポでジャラジャラ系でライブで盛り上がる系で、体くねくねさせながら飛び跳ねてい…

『音楽ファン2万人が選ぶ“好きなアーティストランキング”2017』第6位

わたしが憧れの眼差しを一直線に向けていて、ときどき嫉妬してしまうくらいのアーティストが、「2万人が選ぶ好きなアーティスト」第6位に選ばれたそうです。 音楽情報サービスをはじめ、エンタテインメント事業を行うオリコンが7日、恒例の『音楽ファン2万人…

優しくて切なくて新しい「ハッピーエンド」

素敵な歌声の、Uruさん。聴くたび癒されています。12月20日発売のファーストアルバムで、backnumberの「ハッピーエンド」のカバーが収録されているそうです。 そのカバー曲に対しての清水依与吏さんからのコメントが公開されていて、さっそく読みました。 【…

スーパー歌舞伎Ⅱワンピース(再演)

行ってきちゃいました。 2年前、これはものすごいものを観てしまった…!という衝撃で、リピート観劇しました「ワンピース歌舞伎」。正式名称は「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)ワンピース」ですが、通称「ワンピース歌舞伎」。 再演するって聞いて、すごく迷った…

歌舞伎観劇録

※最終更新日2018/01/11 2015/01/15 新春浅草歌舞伎@浅草公会堂 新春浅草歌舞伎 - むだなものを愛しつづけられる人間でありたい 2015/07/25 七月大歌舞伎@歌舞伎座 七月大歌舞伎 - むだなものを愛しつづけられる人間でありたい 2015/09/16 秀山祭大歌舞伎@…

2週間のお休みを終えて佐渡に戻ってきました

2週間。長かったような、短かったような。 会いたい人に会って、毎日たっぷり眠って、行きたかったフェスに行って、2週間。 大学2年生のお正月に、大学の懸賞論文みたいなのでもらった賞金で買ったPCに、エラー表示。ap bank fesのために仙台に移動する日の…

Qさま、世界遺産スペシャル

メモ。 Qさま現役東大生・京大生が選んだ21世紀に登録されたスゴイ世界遺産ランキングベスト20から出題スペシャル 世界遺産検定1級俳優鈴木亮平が解説 20位2012年登録、ブラジル・リオデジャネイロ、コルコバードのキリスト像リオデジャネイロ:山と海の間の…

「歴史は嗜好品ではない」

「歴史は嗜好品ではない。歴史は道具であり、実用品」 「歴史という靴を履かねば世の中を歩けない、と私は思っている」 私がだいすきな歴史学者、磯田道史先生の言葉。 「歴史が好きなんです~嫌いなんです~という人いるじゃないですか、僕は違うと思うんで…

201401-07のときに書いていたブログを読み返して思ったこと

こっちのブログは文章がメインなのですが、最近、写真メインのブログもはじめていました。 tumblerを使っていたのですが、アップロードの速度が遅くて遅くて。エラーも多くて。ちょっとなあ…と思っていたのです。 tumblerに決める前に、JUGEMもいいな、と悩…

【クラウドファンディング】日本の祭りを世界へ伝えるドキュメンタリー映画「祭の男 MIKOSHI GUY」

「お祭り」って、今までそんなに気にしたことなかったし、有名な夏祭りとかたくさんあるけれど、人多いし、暑いし、くらいにしか思っていなかった。行ったら行ったで、かっこいいなあ~とは思うのだけれど。秋田の竿燈祭りとか、よかったなあ。 けれど、佐渡…

「やりたいこと」と「できること」について、魔法使いを当てはめてみたらしっくりきた

私には、「できること」がありません。 いや、できることはたくさんあります。字を書くことができる日本語を話すことができる文字を読むことができるご飯を食べることができる歯を磨くことができる電車に乗ることができるまっすぐ歩くことができる両足で立つ…

「平成29年7月九州北部豪雨」で思ったこと

この前の九州に降った雨を、気象庁が「平成29年7月九州北部豪雨」と命名した、というニュースを、夕飯をもぐもぐしながら横目で見ました。九州の雨がすごかったとき、私は佐渡にいて、新聞にもテレビにもノータッチな毎日を過ごしていたので、「どうやら九州…

「自分の生き方としては、ローカルで完結したい」

枻(えい)出版社発行の雑誌、「湘南スタイル」。神奈川県の海沿いの地域ではたぶん、ものすごく有名な雑誌。我が家では父親が毎号必ず買ってきて、いつもリビングのテーブルの上にぽんっと置いてあります。初刊から全部揃っているので、湘南エリアのことを知…

わたしについて

201401-07の間に書いていたブログのプロフィールに載っていたもの。 コピペ。 1992年1月24日[0歳]横浜にて産声をあげる[3歳]神奈川県大磯町に引っ越し[4歳]近所にあったクラシックバレエスクールに通い始める[13歳]中学校で知り合った友人にソフトテニス部に…

佐渡から大磯に一時帰ってきました

今日は朝一5:30発のカーフェリーおけさ丸で新潟へ、8:00に新潟港に着いて、朱鷺メッセの30階の展望台から新潟の街並みを見渡して、新潟駅からMaxときの2階に乗って東京駅まで、人の多さにへろへろになりながら、約3ヶ月ぶりの電車で、他人の近さにちょっと怯…

本とコミックの情報マガジン「ダ・ヴィンチ」8月号の表紙のこと

前に、フジテレビの番組「ボクらの時代」に出ていたときWTPのことを話していて、朝からおおおー!ってテンションが上がって嬉しくなったけれど、今回はそのとき以上に、おおおおー!って嬉しくなった。小織さん、本当にすごいなあと思う。かっこいいなあと思…

佐渡に来てから2ヶ月とちょっとが経ちました

元気です。(元気に、なりました) この1ヶ月とちょっとも、いろいろなことがありました。 仕事をして、ちょっとでも時間ができたらカメラを片手に散策をして、出かけるたびにあたらしい佐渡に出会えて、さらに知りたくなって、知って、ますます知りたくなって…

佐渡に来てから1ヶ月が経ちました

着いてから1週間くらいは、自分でもびっくりするくらいのホームシック、というより、気が許せてなんでも話せて可愛がってくれる人たちシックの寂しさと、去年の思い出がいたるところにちりばめられていて、その懐かしさともどかしさと何かとなにかに押しつぶ…

佐渡に行ってきます

4月に入ってから、毎日がしあわせで、毎日がたのしくて、びっくりするくらい心安らかで、(大殺界なのに)、近いうちに何かものすごく恐ろしいことが待っているんじゃないかと不安になってしまうくらい、それはもうおだやかな日々でした。 春のせいでしょうか…

現代版「名所江戸百景」

テレ東の番組「YOUは何しに日本へ?」 YOUは何しに日本へ?:テレビ東京 普段はあまり見ないのですが、テレビ欄に「浮世絵 再現」的な言葉が載っていて、迷わず録画。 そして、見ました。 感動しました。 〇番組の内容 イタリア人のジュゼッペさん。ファッシ…